HSBCや邦銀の株価が軒並み下落-ギリシャ危機で不透明感

29日の香港株式市場ではHSBCホールディ ングスの株価が8週間ぶりの大幅安となり、アジアでの銀行株の下げを 主導している。ギリシャがユーロ圏離脱に追い込まれるとの観測が強ま り、欧州の通貨同盟が不安定になるとの懸念が広がった。

HSBC株は香港時間正午時点で2%安の70.55香港ドル。日中の 下げ率としては5月4日以来の大きさ。日本ではTOPIX銀行業指数 が一時1年4カ月ぶりの大幅安となった。オーストラリアでは4大銀行 の株価が2%以上下げている。

ギリシャが銀行の休業と資本規制を発表したのを受け、投資家は欧 州の不安定性がアジアの銀行にもたらす影響について見極めようとして いる。ミラボー・アジアのトレーディング担当ディレクター、アンドル ー・クラーク氏(香港在勤)は「次に何が起きるか不透明なことがポイ ントだ」と語った。

HSBCの香港在勤広報担当、ギャレス・ヒューイット氏は29日の 電子メールで、同行がギリシャ情勢を注視しているとコメントした。

三菱東京UFJ銀行の渡邊剛アジア・オセアニア本部長は29日、シ ンガポールからインタビューに応じ、同行のギリシャへのエクスポージ ャーが極めて小さいと説明。一部顧客には同国へのエクスポージャーが あるもようだが、パニックの兆しは見られないと述べた。

あおぞら銀行の馬場信輔社長は記者団に対し、ギリシャ危機が同行 の事業に大きな影響を与えるとは予想していないと語った。

原題:HSBC Falls Most Since May as Greece Weighs on Asian Banks (1)(抜粋)

--取材協力:Alfred Liu、河元伸吾、Narayanan Somasundaram、Chanyaporn Chanjaroen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE