スイス中銀、外為市場で介入-ギリシャ危機でフラン高強まる

更新日時

スイス国立銀行(中央銀行)は外国為替市場 に介入した。ギリシャが緊縮策に関する国民投票の実施を決めユーロ圏 離脱のリスクが高まったため、スイス・フランに資金が流れ込みフラン 高が進んだためだ。

ヨルダン総裁は29日、同中銀が夜間に介入したことを認めた。フラ ンはユーロに対し約4週間ぶり高値に達していた。

ロンドン時間午前9時40分現在、フランは0.2%高の1ユーロ =1.0411フラン。一時は1.1%高の1.0315フランと、2日以来の高値を 付けていた。

原題:Swiss Step Into Currency Market as Greece Adds to SNB’s Woes (2)(抜粋)

--取材協力:David Goodman、Richard Jones、Kristine Aquino、Garfield Reynolds、Jeffrey Vögeli.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE