ECB:ギリシャの銀行向けELA上限を据え置き

欧州中央銀行(ECB)は28日、ギリシャの 銀行向け緊急流動性支援(ELA)の上限を据え置いた。ギリシャでは 現金自動預払機(ATM)からの大量の資金引き出しが起きており、 ECBの今回の決定で同国の金融システムが損なわれる恐れがある。

ECBの声明によれば、政策委員会は前回26日の会合で決めた水準 に上限を据え置くことで一致した。ユーロ圏の当局者の1人は匿名を条 件に、ECBがELA資金では金融機関のニーズを満たさないと受け止 めており、ギリシャは29日に銀行の店舗が開く前に銀行休業を命じる必 要があると述べた。

ECBはまた、ユーロ圏を守るために必要なあらゆる手段を行使で きると説明。ギリシャが財政破綻に近づく中、当局の焦点は破綻が及ぼ し得る影響にシフトしていることを示唆した。ギリシャのチプラス首相 は債権者が提示した最新の支援条件をめぐる国民投票を7月5日に実施 すると表明しており、同国の債務不履行(デフォルト)とユーロ圏から の離脱の可能性が一段と強まっている。

原題:ECB Freezes Greek Aid at Friday Level as Bank System Teeters (2)(抜粋)

--取材協力:Alessandro Speciale.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE