NY連銀総裁:9月利上げの可能性も、データ改善なら-FT紙

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、仮に最 近見られたような経済データの改善が続けば、米金融当局が9月に利上 げに踏み切る可能性があると語った。

ダドリー総裁は、28日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT) に掲載されたインタビューで、利上げ開始について「データがこれまで のような形で推移するなら、9月の可能性は大きい」と述べた。インタ ビューは26日に行われた。

総裁は「4-6月(第2四半期)の成長率が2.5%に達し、7-9 月(第3四半期)も同程度の成長が見込まれる状況となれば」、年末ま でには確実に、労働市場のさらなる改善とインフレ目標達成に向けた合 理的な確信という、利上げのための2つの要件をめぐって、十分な前進 を遂げたと想定できるような堅実な軌道にあると考えられるだろうと話 した。

一方、ギリシャ情勢をめぐっては、「大きな不確定要素」であり、 同国がユーロ圏を離脱した場合の金融市場へのリスクを多くの人々が過 小評価するかもしれないと指摘。「私個人の見解では、事態が悪化すれ ば、市場の反応の大きさはわれわれの認識をはるかに上回る恐れがあ る」と論評した。

原題:Fed’s Dudley Says September Rate Rise Possible After Better Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE