NY外為(26日):ドルが週間で上昇、年内利上げ予測に自信

更新日時

ニューヨーク外国為替市場ではドルが週間ベ ースで5月以来の大幅上昇。米経済成長を背景に、利上げが年内に実施 されるとの予測に自信を強めている。

ドルは対ユーロで週間では4週ぶりの上昇。ギリシャ救済に関する 合意が成立するとの観測から、投資家の関心は金融政策や景気動向に移 っている。6月の米消費者マインド指数は5カ月ぶりの高水準となっ た。

トロント・ドミニオン銀行の世界為替戦略責任者、ショーン・オズ ボーン氏は電話取材で「ドル上昇をもたらすのは経済成長と金融政策の ストーリーになるだろう」と指摘。「米国ではそこそこ良好な指標が続 いており、第2四半期の成長の概要が著しく改善しつつあることを示唆 している」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は今週1.1%上げて1180.11と、5月22日終了週以来の大幅上昇。

ドルは週間ベースで対ユーロでは1.6%高の1ユーロ=1.1167ド ル、対円では0.9%上昇の1ドル=123円85銭。

FOMC政策

シリコン・バレー・バンク(カリフォルニア州サンタクララ)の上 級為替トレーダー、ミン・トラン氏は「ギリシャのニュースがなくな り、経済状況という観点で米国と欧州を比べると、対ドルでユーロが再 び1.10ドルに近づいても驚きではないだろう」と話した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は初回利上げのタイミングにつ いて、景気次第になると強調している。

ブルームバーグがまとめたフェデラルファンド(FF)金利先物の 動向によると、9月利上げの確率は38%、12月までの利上げの確率 は73%となっている。

この日のユーロは下落した。ユーロ圏財務相は27日に再び会合を開 き、ギリシャに関して協議する。1週間で5度目の会合となる。

原題:Dollar Gains Most Since May on Confidence Over Fed Rate Increase(抜粋)

--取材協力:Andrea Wong、Lucy Meakin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE