米ホットドッグ屋に朗報、プロパンが13年ぶり安値-供給増で

7月4日の独立記念日には全米で大量のホッ トドッグがグリルされる。その際に使用される燃料がエネルギー生産会 社に胸焼けを起こさせることになりそうだ。

プロパン在庫はこの時期としては約30年ぶりの高水準に達してお り、価格はテキサス州で13年ぶりの安値に下落。カナダの販売業者は買 い手に料金を支払って在庫を引き取ってもらわざるを得ない状況となっ ている。

プロパン価格が格安になっているのは、米シェールブームのいわば 副産物だ。天然ガス生産が過去最高水準に達し、プロパンの供給が倍増 した。プロパンは天然ガス液の主要な成分。天然ガス液の供給が過剰と なり、米国が世界最大の供給国となったことは同国の石油化学業界の回 復に寄与している。

コンサルティング会社ICFインターナショナルのプリンシパル、 マイケル・スローン氏(バージニア州在勤)は「北米はプロパンの純輸 入地域だったが、米国は最大の輸出国になりつつある」と指摘。「プロ パンタンクをいっぱいにする好機だ」と述べた。

世界最大のプロパン貯蔵拠点、テキサス州モントベルビューのプロ パン価格は23日、1ガロン=35.25セント。昨年9月16日以降、68%下 落している。

原題:Grillers Rejoice as U.S. Shale Boom Sends Propane to 13-Year Low(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE