5月のユーロ圏民間融資が前年比0.5%増、12年来の大きな伸び

欧州中央銀行(ECB)が26日発表した5月 のユーロ圏マネーサプライ(通貨供給量)統計によると、金融機関の民 間向け融資は約3年ぶりのハイペースで伸びた。与信が域内の景気回復 を支え始めた兆候が示された。

ECBのデータによれば、金融機関の家計と企業向け融資は前年同 月比0.5%増と、2012年2月以降最大の伸び。12年5月から15年2月ま では毎月、前年割れの状況が続いていた。

ECBは融資促進に向けて一連の非伝統的措置を講じてきた。これ らには銀行の与信実行を条件とする長期リファイナンスオペ (TLTRO)やソブリン債購入などが含まれ、資金調達コスト低下に 寄与した。今月実施の4回目のTLTROでは約740億ユーロ(約10 兆2400億円)を銀行に供給。1回目以降の合計額は3840億ユーロに上っ ている。

原題:Euro-Area Bank Lending Grows at Fastest Pace Since February 2012(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE