NY原油:3日続落、供給過剰が長引く-生産は最高水準近辺

26日のニューヨーク原油市場でウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)先物は小幅ながら3日続落。 米国での原油生産量が過去最高近辺にあり、供給過剰状態が長期化して いる。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の シニアアナリスト、ジーン・マクギリアン氏は「生産はなお最高水準近 くにあり、石油リグ(掘削装置)稼働数の変化が反映されていない」と 指摘。「買い持ちにしている参加者は、価格を押し上げる何らかの材料 を待っているが、正確な需給見通しを描いていない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日 比7セント安い1バレル=59.63ドルで終了した。

原題:Crude Oil Ends Below $60 Amid Oversupply as Volatility Sinks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE