日本郵政社長:「先進的でユニークな資産運用の模範示したい」

日本郵政グループの西室泰三社長は26日の会 見で、ゆうちょ銀行の預金限度額を現在の1000万円から段階的に3000万 円まで引き上げるべきだとする自民党の提言案について、「大筋方向性 は歓迎する」と述べた。

西室社長は「預かり資産は極めて貴重な財産、いかに集めるかでは なく、いかに活用するか」が重要だとし、現在運用のためのチーム設立 に取り組んでいると述べた。その上で「先進的、ユニークな資産運用の 模範」を示したいと語った。

ゆうちょ銀の限度額引き上げなど日本郵政グループの業務拡大につ いては、政府の郵政民営化委員会が必要性や是非を検討し、総務省や金 融庁の認可などを経て可能となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE