NYマンハッタンのレストラン地図に異変-ミッドタウン再興

かつて有名だったニューヨーク・マンハッタ ンのミッドタウンのレストランシーンは、よりリラックスできるダウン タウンの店に押されて忘れられてしまった感がある。しかし、もはやそ うではない。

1300フィート(約396メートル)を超える高層ビルが数棟、市の中 心部で住居用ビルとして世界一の高さを競って建設中だ。好き嫌いはと もかく、これらはミッドタウンのレストランを再興に導いている。

バカラホテルには有名な「ラ・グルヌイユ」のシャルル・マソン氏 が手掛けた「シュバリエ(Chevalier)」がある。ラルフローレンの「 ポロ・バー(Polo Bar)」は最も予約が取りにくく、50丁目より南に行 く必要はないと考える食通たちでいっぱいだ。新しい高層タワーにはそ れぞれレストランやバーが幾つも入る予定で、ニューヨークはフロアご とにレストランが表示されている香港のようになるのではないかと思わ せる。

ミッドタウンの密集地は常に住宅とホテルとオフィス、それに博物 館・美術館とが混在する場所だった。かつて私の一家はホテル暮らし で、素晴らしいレストランが文字通り1ブロック先にあった。このレベ ルのレストランが次々にできるなら、またその暮らしに戻るべきかもし れない。

顧客、友人とのさまざまなシチュエーションでの飲食でお奨めの店 を紹介する。

顧客との飲酒:

The Bar at Baccarat:今、アフターファイブに最もホットな選択 肢で、バー、テラス、ホテルのロビーから好きな場所を選べる。

Ty Bar at the Four Seasons:2016年7月にはリース期間が終了す るが、20世紀ミニマリズムをたたえる評価が大きく変わることはないだ ろう。

顧客との夕食:

The Modern:ニューヨーク近代美術館(MoMA)の彫刻の庭に面 した広いブースは商談に最適。バー空間はよりカジュアルだが、同様に 気が利いている。

Avra Estiatorio:私の好きなギリシャ魚料理の宮殿。

21 Club:洗練されたステーキハウスが減っているが、ここはビジ ネス・ランチおよびディナーにも健在だ。

顧客との深夜の会合:

Lavo/Tao Uptown:ディナーパーティーにも使える人気の場所。

友人との飲酒:

Monkey Bar:アフターファイブはいまだに混雑し、オーナーで「ヴ ァニティ・フェア」誌編集長のグレイドン・カーター氏がセレブのパー ティーで貸し切りとするときは、ばか騒ぎになるニューヨーク伝統の場 所。

Casa Lever:夏にお薦め。レバーハウスの中庭で、地元ニューヨー カーのとんでもない振る舞いを面白く見物できる。

友人との夕食:

Aldo Sohm Wine Bar:アルド・ゾーム氏は向かいの「ル・ベルナル ディン」のソムリエ。半端な土地がこの街の最高のワインバーの一つに なった。

Betony:カーネギーホール近くの純モダン・アメリカ料理。カクテ ルのメニューも純モダン・アメリカ風。

友人との深夜の会合:

Library Bar:ハドソンホテルでネオンまぶしいエスカレーターを 過ぎると、友人と一杯飲んだり、ビリヤードで一勝負できる非常に洗練 された場所だ。

(ピーター・エリオット氏はブルームバーグ・パースーツのエディ ターです。これは同氏自身の見解です)

原題:Midtown Manhattan Dining Guide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE