【個別銘柄】りそなHD安い、NYタクシー合法で日産自堅調

更新日時

26日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は次の通り。

りそなホールディングス(8308):前日比2.1%安の698.2円。みず ほ証券は25日、投資判断を「買い」から「中立」に下げた。取引先基盤 の中堅・中小企業向け貸し出しが2015年3月期の第4四半期以降、回復 しつつある点は注目されるが、預貸利ざやの縮小は依然続くと指摘。さ らなるカタリスト実現は来年以降、と予想する。16年3月期の経常利益 予想を2835億円から前期比16%減の2786億円に減額した。

東洋紡(3101):4.8%安の200円。SMBC日興証券は25日付の化 学・繊維セクターの決算プレビューリポートで、4-6月期(第1四半 期)営業利益は前年同期比5%増の42億円と予想、計画比では幾分未達 との認識を示した。国内自動車生産や液晶パネル生産が想定より減速、 エアバッグ用基布やエンジニアリングプラスチックなどの販売も弱含み で推移しているとみる。

日産自動車(7201):2.3%高の1286円。ニューヨーク市が次世代 イエローキャブに日産自車両を採用するとした10億ドル(約1240億円) 規模の計画について、ニューヨーク州最高裁判所は25日、合法と認める 判断を下した。タクシー事業者団体が同市の計画に異議を唱え、州最高 裁に上訴していた。10年間にわたって供給する契約だったため、今後の 収益貢献を見込む買いが入った。

J.フロント リテイリング(3086):1.6%高の2394円。3-5月 期(第1四半期)の連結純利益は前年同期比3.4倍の171億円だった、 と25日に発表。主力の百貨店事業は減収ながら営業増益を確保、演劇分 野を含むパルコ事業は好調で、法人税率引き下げの影響もあった。クレ ディ・スイス証券はややポジティブで、及第点の出足と評価。インバウ ンド需要で、消費税増税前の駆け込み特需で押し上げられた前年の高い ハードルを克服した、としている。

東レ(3402):2.9%高の1033円。野村証券は25日付の決算プレビ ューで、4-6月期(第1四半期)営業利益は325億円程度、上期665億 円程度と市場コンセンサス(283億円、641億円)、上期会社計画の640 億円を上回る可能性があるとした。株価は過去3カ月でTOPIXを 9%程度アンダーパフォームしており、利益上振れが認知されると短期 で注目されるとみている。

良品計画(7453):2.1%高の2万4250円。米系投資ファンドのキ ャピタル・ガーディアン・トラストは、良品計画株の保有比率が従来 の9.71%から共同で11.27%に上がったとする大量保有報告書を26日に 提出した。

三井住友トラスト・ホールディングス(8309):3.1%高の582.2 円。みずほ証券は25日、投資判断「買い」を継続し、目標株価を590円 から625円に上げた。持続的な自社株買い実施で株主還元を積極化して いく意向を示しており、秋以降の実施も期待されると指摘。海外貸出増 加を利益ドライバーとしつつ、ラップ商品の残高増加により、手数料の ストック収益化が順調に進むとみる。17年3月期経常利益予想を2758億 円から2796億円に引き上げた。16年3月期は前期比10%減の2629億円 (会社計画2700億円)。

スズキ(7269):2.1%高の4208円。鈴木修会長兼社長は26日午 前、静岡県浜松市内で開いた株主総会で、国際仲裁裁判所で独フォルク スワーゲン(VW)と係争中の事案について、諸手続きは全て完了して いると述べた。スズキは、VWが保有するスズキ株19.9%の処分や損害 賠償について、英ロンドンにある国際仲裁裁判所に手続きを求めてい た。

ヤマトホールディングス(9064):3.6%安の2404円。SMBC日 興証券は25日付の運輸・倉庫セクターの決算プレビューで、4-6月期 (第1四半期)営業利益を前年同期比2%増の50億円と試算、上期会社 計画の220億円に対し進捗(しんちょく)率は23%程度と若干低めと指 摘した。DM便の計画以上の数量減少、新商品投入に関する広告宣伝費 などが影響すると予測する。

新生銀行(8303):4.1%高の252円。クレディ・スイス証券は25 日、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」、目標株価を230円 から320円に上げた。消費者金融の順調な拡大と法人向けでの高収益貸 出金への入れ替えで、邦銀ではトップクラスのトップライン成長を続け ていると評価。16年3月期の経常利益予想を630億円から前期比5.4%増 の770億円に増額。減益予想が一転、増益を見込む。

北洋銀行(8524):4.5%高の539円。野村証券は25日、投資判断を 「中立」から「買い」、目標株価を520円から620円に上げた。中期経営 計画で掲げるリテール業務シフトの収益貢献が当面続くほか、15年3月 期の第4四半期に積極化した有価証券運用で株主資本利益率(ROE) の水準が切り上がるとみている。

トリドール(3397):3.6%高の1668円。オランダの外食大手、ウ ォク・トゥ・ウオーク・フランチャイズの第三者割当増資を引き受け、 全株式の6割超を7月に取得すると26日付の日本経済新聞朝刊が報道。 海外事業の拡大を通じた今後の収益貢献を見込む買いが入った。

キユーソー流通システム(9369):5.7%高の2065円。14年12月 -15年5月期(上期)の連結営業利益は前年同期比57%増の17億3000万 円と、従来計画の11億7000万円から上振れたもようと25日に発表。共同 物流事業、専用物流事業で新規取引や既存取引拡大による増収効果があ ったほか、合理化進展も寄与する。

日本エンタープライズ(4829):13%高の375円。トヨタ自動車 (7203)の次世代テレマティクスサービス「T-Connect」のアプリスト ア上で、チャットアプリ「Fivetalk」を公開した、と25日に発表。T-Connectはトヨタの専用センターと車載機をつなぎ、ドライバーに情報 を提供するサービス。Fivetalkでは、運転中に届いたメッセージの音声 読み上げ機能やナビ画面を操作せず、あらかじめ設定した定型文などを 自動送信できる機能などがある。スマートフォン向けでは累計ダウンロ ード数が220万件で、今後の需要拡大が見込まれた。

ラクオリア創薬(4579):80円(19%)高の509円とストップ高。 胃酸分泌関連疾患治療剤のアシッドポンプ拮抗薬について、日本で特許 査定を受けたと25日に発表。権利の確立で、今後の収益にプラスに働く とみられた。

柿安本店(2294):3.7%高の2010円。発行済み株式総数の7.2%に 当たる85万株、金額で16億4815万円の自社株買いを26日午前の東証立会 外取引で行った、と発表。市場流通株式の減少による需給好転が見込ま れた。また25日には、16年2月期からの3年間の平均総還元性向をおお むね100%を目標とするとも発表。

夢真ホールディングス(2362):5.3%安の787円。海外募集による 自己株式の処分を実施、約66億円を調達すると25日に発表。市場で流通 する株式の増加で需給が悪化すると懸念された。調達資金は企業買収な どに充当方針。

--取材協力:院去信太郎.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE