米国株:続落、エネルギー株に売り-S&P500は50日平均割る

更新日時

25日の米国株は続落。S&P500種株価指数 は50日平均を下回った。ヘルスケア関連株が上昇したものの、エネルギ ー株が売られた。投資家はギリシャ協議の動向を注視している。

トランスオーシャンとチェサピーク・エナジーはいずれも下落。建 機大手キャタピラーも安い。産銅会社で世界最大手の米フリーポート・ マクモランは4%値下がりした。ネットフリックスはアナリストの株式 投資判断引き下げを手掛かりに下落。病院経営のHCAホールディング スとテネット・ヘルスケア、ユニバーサル・ヘルス・サービシズは上 昇。医療保険改革法(オバマケア)をめぐる米最高裁の判断が買い材料 となった。

S&P500種は0.3%安の2102.31。ダウ工業株30種平均は75.71ドル 安の17890.36ドル。ナスダック総合指数は0.2%下げた。

シェーファーズ・インベストメント・リサーチのシニア株式アナリ スト、ジョー・ベル氏は「今の値動きは引き続き、ギリシャ関連のニュ ースに左右されている」と述べ、「金融への影響が見込まれているのか 定かではないが、ある程度は織り込み済みだろう」と続けた。

ギリシャ合意の見込み

フランスのオランド大統領は、ギリシャ協議 で合意の見込みはあ るとの認識を示した。一方でドイツのメルケル首相 は、協議は後退し つつあるようだと述べた。

米商務省が発表した5月のPCEは前月比0.9%増と、2009年 8月 以来の大幅な伸びだった。また、先週の米新規失業保険申請件数は16週 間連続で30万件を下回った。良好な労働市場が下半期の経済成長を支え る兆しが示された。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は5.7%上昇して14.01。年初からは27%低下している。S& P500種産業別10指数は8指数が下落。エネルギー株や工業株が下落、 ヘルスケア関連や電話株は値上がりした。

エネルギー株は下落。ニューヨーク原油市場でウェスト・テキサ ス・インターミディエート(WTI)先物がバレル当たり60ドルを下回 った。

ネットフリックスは2.1%安。シティグループは同社の株式判断を 買いからニュートラルに引き下げた。

一方で、テネットは12%上昇した。オバマ米大統領が推進するオバ マケアの中核となる税控除について米連邦最高裁は25日、合憲との判断 を下した。

原題:U.S. Stocks Fall as Energy Retreat Overshadows Hospitals Rally(抜粋)

--取材協力:Inyoung Hwang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE