コンテンツにスキップする

6月25日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ、対ドルで小動き-ギリシャ債務協議のこう着で

25日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで小動き。取 引幅は過去1カ月で最小となった。ギリシャの債務協議の行き詰まりを 打開しようと欧州首脳がブリュッセルに集まった。

フランスのオランド大統領は合意の見込みはあるとの認識を示し た。一方でドイツのメルケル首相は、協議は後退しつつあるようだと述 べた。ユーロ圏財務省会合(ユーログループ)は27日に再び会議を開 く。

ケンブリッジ・グルーバル・ペイメンツのシニア外為トレーダー、 スティーブン・キャセイ氏は「ギリシャ情勢が再び市場の注目を独り占 めしている」と指摘。「良識が働き、何らかの合意に達するだろう」と 述べ、そうなった場合は短期的にユーロの支援材料になるとの見方を示 した。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比ほぼ変わ らずの1ユーロ=1.1205ドル。対円では0.2%下げて1ユーロ=138円52 銭。ドルは対円で0.2%安の1ドル=123円63銭。

ダンスケ銀行のシニアアナリスト、クリステン・トゥグセン氏は 「ユーロはまだ非常に底堅い」とし、市場参加者がギリシャ協議での最 終的な合意を見込んでいることをその理由に挙げた。

ギリシャと債権団との協議は妥協案を生み出すに至らず、両サイド がそれぞれの案を提出。ギリシャ救済プログラム終了と国際通貨基金 (IMF)への支払い期限が重なる30日を目前に、支払いができなくな るとの懸念が強まった。

「1.12ドルを挟んだレンジ」

オンライン外為ブローカー、FXDDグルーバルのチーフ通貨アナ リスト、スティーブン・シモニス氏は「ギリシャ情勢がはっきりするま で、ユーロは1.12ドルを挟んだレンジにほぼとどまるだろう」と述べ た。

BNPパリバの為替戦略世界責任者、スティーブン・セイウェル氏 はギリシャ協議で合意に達しても、ユーロは対ドルで等価に向かって再 び下落し始めるとの見通しを示した。

セイウェル氏はさらに、トレーダーは数カ月に及ぶこう着状態が終 わることを望んでおり、それからキャリー取引を再び始めるだろうと予 想。そうなれば早ければ年内にユーロは1ドルに下落すると述べた。キ ャリー取引ではユーロ圏などの低金利国で資金を調達し、高金利国で運 用する。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数は5日ぶりに低下。5月の米 個人消費支出(PCE)が約6年で最大の伸びとなり、新規失業保険申 請件数は16週間連続で30万件を下回ったものの、材料視されなかった。 ドル指数は0.2%低下の1177.33。前日までの4日間では1.2%上昇して いた。

原題:Euro Trapped in Tightest Range in One Month Amid Greek Stalemate(抜粋)

◎米国株:続落、エネルギー株に売り-S&P500種は50日平均割る

25日の米国株は続落。S&P500種株価指数は50日平均を下回っ た。ヘルスケア関連株が上昇したものの、エネルギー株が売られた。投 資家はギリシャ協議の動向を注視している。

トランスオーシャンとチェサピーク・エナジーはいずれも下落。建 機大手キャタピラーも安い。産銅会社で世界最大手の米フリーポート・ マクモランは4%値下がりした。ネットフリックスはアナリストの株式 投資判断引き下げを手掛かりに下落。病院経営のHCAホールディング スとテネット・ヘルスケア、ユニバーサル・ヘルス・サービシズは上 昇。医療保険改革法(オバマケア)をめぐる米最高裁の判断が買い材料 となった。

S&P500種は0.3%安の2102.31。ダウ工業株30種平均は75.71ドル 安の17890.36ドル。ナスダック総合指数は0.2%下げた。

シェーファーズ・インベストメント・リサーチのシニア株式アナリ スト、ジョー・ベル氏は「今の値動きは引き続き、ギリシャ関連のニュ ースに左右されている」と述べ、「金融への影響が見込まれているのか 定かではないが、ある程度は織り込み済みだろう」と続けた。

ギリシャ合意の見込み

フランスのオランド大統領は、ギリシャ協議 で合意の見込みはあ るとの認識を示した。一方でドイツのメルケル首相 は、協議は後退し つつあるようだと述べた。

米商務省が発表した5月のPCEは前月比0.9%増と、2009年 8月 以来の大幅な伸びだった。また、先週の米新規失業保険申請件数は16週 間連続で30万件を下回った。良好な労働市場が下半期の経済成長を支え る兆しが示された。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は5.7%上昇して14.01。年初からは27%低下している。S& P500種産業別10指数は8指数が下落。エネルギー株や工業株が下落、 ヘルスケア関連や電話株は値上がりした。

エネルギー株は下落。ニューヨーク原油市場でウェスト・テキサ ス・インターミディエート(WTI)先物がバレル当たり60ドルを下回 った。

ネットフリックスは2.1%安。シティグループは同社の株式判断を 買いからニュートラルに引き下げた。

一方で、テネットは12%上昇した。オバマ米大統領が推進するオバ マケアの中核となる税控除について米連邦最高裁は25日、合憲との判断 を下した。

原題:U.S. Stocks Fall as Energy Retreat Overshadows Hospitals Rally(抜粋)

◎米国債:下落、個人消費支出の伸びで-ギリシャ協議は行き詰まり

米国債は下落。ここ4日間で3回目の下げとなった。ギリシャ協議 は進展が見られないものの、米経済指標で景気の勢いの強まりが示され たことが材料視された。

5月の個人消費支出(PCE)は約6年で最大の伸び。米国債投資 家は、米経済データとギリシャ支援をめぐる協議の進展状況とをはかり にかけざるを得ない状況となっている。この日の7年債入札(発行 額290億ドル)実施後は、米国債は下げを縮小した。

BTIGのチーフグローバルストラテジスト、ダン・グリーンハウ ス氏は「今回のPCEは非常に素晴らしい内容だ」とし、「4-6月 (第2四半期)は全般的に経済データが改善している。今秋の利上げ開 始に向けた状況が維持されている」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時59分現在、10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の2.41%。同年債(表面利率2.125%、2025年5 月償還)価格は11/32下げて97 1/2。

米商務省が発表した5月のPCEは前月比0.9%増と、2009年8月 以来の大幅な伸び。ブルームバーグがまとめたエコノミスト75人の予想 の中央値は0.7%増だった。5月の個人所得は0.5%増。

労働省の発表によると、先週の米新規失業保険申請件数は16週間連 続で30万件を下回った。

国債入札

利上げ観測を背景に、米国債入札では落札利回りが年初来高水準と なる状況が続いている。この日の7年債入札では、最高落札利回り は2.153%と、昨年9月以来の高水準。前回5月28日の入札では1.888% だった。

24日実施された5年債入札(発行額350億ドル)では、最高落札利 回りは1.71%と、昨年12月以来の高水準。23日の2年債入札(同260億 ドル)では最高落札利回りは0.692%で、こちらも昨年12月以来の高水 準だった。

ギリシャをめぐり合意を目指して25日に開かれたユーロ圏財務相会 合は中断され、ギリシャは依然として、支援プログラムが失効する6月 末にデフォルト(債務不履行)に陥る可能性に直面している。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は今月、ギリシャ 協議が合意に至らない場合は米国に余波が広がり、政策の行方に影響を 及ぼす可能性があるとの認識を示した。

FTNファイナンシャルの金利戦略責任者、ジム・ボーゲル氏は 「来週の雇用統計を除き、米金融政策の見通しに対する市場の見方を大 きく変え得るような材料はほとんどない。そうした状況を踏まえると、 ギリシャ情勢はより注目される材料となる」と述べた。

原題:Treasuries Fall as Consumer Spending Gains Eclipse Greek Impasse(抜粋)

◎NY金:ほぼ変わらず、ギリシャ見極め-パラジウム2年ぶり安値

25日のニューヨーク金先物相場はほぼ変わらず。ギリシャ支援をめ ぐる同国と債権者らのこう着打開に向けた取り組みを見極めようと、様 子見姿勢が広がった。

パラジウム相場はほぼ2年ぶりの安値となり、月初来の下げ幅を拡 大した。生産回復が見込まれる中、需要が減少しつつあるとの懸念が強 まった。パラジウムは今月17日に弱気相場入りした。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州タンパ)の創業 者、ジェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで、「誰もが予想 していた以上にパラジウムの供給はある」と指摘。「経済のさらなる活 況で消費が増えると誰もが予想していた。それはまだ起こっていない。 しかも生産は非常に好調だ」と述べた。

パラジウム先物9月限は前日比2.3%安の1オンス=679.35ドル。 一時は670ドルと、2013年7月以来の安値をつけた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.1%安の1オンス=1171.80ドル。

銀先物9月限は0.3%下げて15.841ドル。プラチナ先物は上昇し た。

原題:Palladium Drops to Two-Year Low as Demand Eases Amid Supply Gain(抜粋)

◎NY原油:続落、高水準な在庫を嫌気-ボラティリティが低下

25日のニューヨーク原油市場でウェスト・テキサス・インターミデ ィエート(WTI)先物は続落。在庫が引き続き高水準にあり、生産が 過去最高水準近くにあることを示した前日の統計が引き続き売り材料と なった。ボラティリティは約7年ぶりの水準に低下した。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「われ われは前日の在庫減少を材料視していない。米国の在庫水準が非常に高 いためだ。供給に関しては何も心配することはない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日 比57セント(1%)安い1バレル=59.70ドルで終了した。

原題:Crude Falls Amid Ample Supplies With Volatility Near 7-Month Low(抜粋)

◎欧州株:ストックス600、続落-ギリシャ支援協議は堂々巡り

25日の欧州株式相場は続落。ギリシャの支払い期限が迫る中、同国 救済をめぐる協議の先行きについて域内首脳の見方は分かれた。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.2%安の396.39で引けた。 フランスのオランド大統領がギリシャ合意への期待を示した一方で、ド イツのメルケル首相は協議は後退しているように見えると述べた。ギリ シャのアテネ総合指数は方向感のない取引に終始し、0.1%高で終了。

クレアインベスト(ジュネーブ)の共同創業者でファンドマネジャ ーのイオンマーク・バラフ氏は「まだまだ先は長い。最終決着がなく て、堂々巡りだ。行ったり来たりの展開になるだろう」と述べた。

ストックス600指数は0.5%上げれば、0.8%下げる場面もあった。 債権者側は合意の土台となる点をまとめた一連の文書を財務相らに提 出。債権者3機関はそろってこれに同意したが、ギリシャは受け入れな かった。救済プログラム終了とギリシャの国際通貨基金(IMF)への 支払い期限が重なる30日を目前に控え、ユーロ圏の財務相らは債権者案 とギリシャ案の合意点を探り続ける方針だ。

個別銘柄では、スウェーデンの衣料小売り、ヘネス&マウリッツ (H&M)が3.2%安。フランスの鋼管大手バローレックは5.8%の大幅 安。一方、英小売りのテスコは0.9%値上がりした。

原題:Europe Stocks Drop Second Day as Greek ‘Groundhog Day’ Continues(抜粋)

◎欧州債:もみ合う展開-ギリシャ問題決着せず、パニックの兆候なし

25日の欧州債相場はもみ合いとなった。ギリシャ救済で妥協点が見 えない状況が続いている。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は、市場が引ける午後5時 前に、この日のギリシャ協議を終了したものの、市場にパニックの兆候 は見られなかった。ギリシャ救済プログラム終了と国際通貨基金 (IMF)への15億ユーロの支払い期限が重なる30日を目前に、事態打 開を目指す動きが活発に進められている。

ダンスケ銀行(コペンハーゲン)のチーフアナリスト、アラン・フ ォンメイレン氏は「大半の市場関係者は取引を手控えており、合意が成 立するかどうかを見守っている」とし、「大方は合意を見込んでいる が、恐らく土壇場での決着となろう。それまで相場はもみ合い、警戒し なければならない状況が続くだろう」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、スペイン10年債利回りは前日比5ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.07%。一時は8bp上 昇した。前週末は2.27%だった。同国債(表面利率1.6%、2025年4月 償還)価格はこの日、0.415上げ95.895。

ドイツ10年債利回りは2bp上昇し0.86%。この日は0.82% と0.89%の間で推移した。

原題:European Bonds Endure Nail-Biting Ride as Greece Roils Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE