中国人民銀、リバースレポで資金供給-4月16日以来

更新日時

中国人民銀行(中央銀行)は25日、リバース レポを通じた金融システムへの資金供給を約2カ月ぶりに実施した。財 政省が前日実施した国債入札では落札額が目標に届かなかった。

人民銀は350億元(約6980億円)の7日物リバースレポを金利2.7% で実施。前回4月16日のリバースレポの金利は3.5%だった。

財政省による24日の2年国債入札では落札額が251億6000万元にと どまり、目標の260億元を下回った。国債入札で落札額が目標に達しな かったのは昨年7月以来となる。

銀行間資金の取引センターNIFCによる加重平均では、7日物レ ポ金利は上海時間午前11時35分(日本時間午後0時35分)現在、3ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.81%。12営業日ぶりの 低下で、今月の上昇幅は88bpに縮小した。

人民銀は資金供給について、中小の金融機関の資金需要が高まる中 で借り入れコストの安定を促す狙いがあると説明。銀行システム全体の 流動性は「十分」だと指摘した。

原題:PBOC Adds Cash for First Time in Two Months After Bond Sale Flop(抜粋) China Bond Sale Fails First Time in 11 Months Amid High Supply

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE