NY原油:続落、高水準な在庫を嫌気-ボラティリティが低下

25日のニューヨーク原油市場でウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)先物は続落。在庫が引き続き 高水準にあり、生産が過去最高水準近くにあることを示した前日の統計 が引き続き売り材料となった。ボラティリティは約7年ぶりの水準に低 下した。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「われ われは前日の在庫減少を材料視していない。米国の在庫水準が非常に高 いためだ。供給に関しては何も心配することはない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日 比57セント(1%)安い1バレル=59.70ドルで終了した。

原題:Crude Falls Amid Ample Supplies With Volatility Near 7-Month Low(抜粋)

--取材協力:Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE