中国に近く信頼できる雇用指標が登場か-統計局が改善に動く

中国の李克強首相は世界最大規模の同国労働 市場に関する指標の精度を高めるよう求めており、国家統計局は雇用指 標の改善に動いている。

国家統計局がブルームバーグからの質問に電子メールで回答したと ころによると、7月から毎月、約1万5000人の検査官が全国各地で「i Pad(アイパッド)」のような携帯端末を持って家庭を訪問し、北京 に直接回答を送信する。統計局は定期的な月間データの開始時期を明ら かにしなかったが、完全なデータを「できるだけ早く」公表する方針 だ。

経済規模10兆ドル(約1240兆円)の中国には、米連邦準備制度理事 会(FRB)のイエレン議長ら先進国の政策当局者が決定のために利用 しているような定期発表の雇用指標がない。中国は資本市場のさらなる 開放に取り組んでいるほか、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権 (SDR)通貨バスケットへの人民元組み入れを目指している。

現在、四半期ベースで公表されている中国の都市部登録失業率は、 失業した場合に国の給付金や職探し支援を申請する人の数に基づいてい る。就職のため都市に移住した出稼ぎ労働者は通常居住許可がなく新住 所で給付金の申請ができないため、事実上2億人余りが統計から漏れて いることになる。

原題:China’s $10 Trillion Economy May Soon Have Reliable Jobs Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE