フォード株上昇、GMは下落-ゴールドマンが投資判断を逆転

24日の米株式市場では、自動車メーカーのフ ォードが上昇した一方、ゼネラル・モーターズ(GM)は下落した。ゴ ールドマン・サックス・グループが23日の取引終了後に発表したリポー トで、両社の投資判断を逆転させ、フォードには「優れた成長見通しが ある」との見方を示した。

ゴールドマンはリポートで、フォードは今年7-12月(下期)にピ ックアップトラック「F-150」の新型モデルの恩恵を受ける見通しで あるほか、中国の業績も改善しつつあると指摘。ゴールドマンのアナリ スト、パトリック・アーシャンボー、デービッド・タンベリーノ両氏は フォードの投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に、12カ月間の目 標株価を18ドルから19ドルにそれぞれ引き上げた。一方、GMの投資判 断は「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価は47ドルから40ドルに それぞれ引き下げられた。

フォードは前日比1.4%高の15.50ドルと、終値ベースでは5月21日 以来の高値で終了。GMは同3.1%安の35.16と、4月23日以来の大幅な 下げ。

原題:Ford Rises, GM Slips as Goldman Shifts Automaker Preference (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE