健康食宅配のファンデリー上場、初値は2倍に-栄養士指導も

更新日時

健康食宅配サービスのファンデリーが25日、 東証マザーズ市場に新規株式公開(IPO)した。朝方から買い気配値 を切り上げ、午後1時10分すぎに形成された初値は公募価格765円の2 倍となる1546円だった。

東京都北区が本社の同社は、栄養士が商品企画から販売まで手掛け る冷凍弁当を宅配しており、「ヘルシー食」「ヘルシー食多め」「たん ぱく質調整食」「ケア食」の分類がある。定期購入者には担当の栄養士 が付き、疾病や制限数値などに合わせメニューを選ぶなどカウンセリン グサービスに注力しているのが特徴だ。4万1000人の栄養士によるコミ ュニティサイト「フーディッシュ」を活用したマーケティング支援も行 っている。

2016年3月期の業績計画は、売上高が前期比10%増の29億3900万 円、営業利益は6.7%増の4億6800万円、1株利益は43.45円の見込み。 紹介ネットワーク数の新規開拓から、主力事業で会員数が12%程度増加 するとみている。公募価格のPERは17.6倍。上場に際し公募30万株、 オーバーアロットメントを含む売り出し85万6900株を実施。主幹事は SMBC日興証券。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE