中国株続伸、08年以来の大幅安の先週から回復-投資資金戻る

更新日時

中国株式相場は続伸。上海総合指数は2日間 の上昇率が3週間ぶりの大きさとなった。エネルギーと電力株がけん引 した。先週の新規株式公開(IPO)ラッシュを通過して、市場に資金 が戻ってきた。

公益株が買われ、華電国際電力(600027 CH)と華能国際電力 (600011 CH)は共に値幅制限いっぱいの10%高。ペトロチャイナ(中 国石油、601857 CH)は2.9%高。同社社長が1-6月(上期)利益は予 想を上回ったもようだと述べたと中国メディアの財新が伝えた。

製油事業でアジア最大手の中国石油化工(386 HK)は香港市場 で0.7%上昇し、約1カ月ぶりの高値。同銘柄の投資判断をマッコーリ ー・グループが「アウトパフォーム」に引き上げた。

上海総合指数は前日比2.5%高の4690.15で終了。23日は2.2%高だ った。同指数は先週13%安と、2008年の世界的な金融危機以降で最大の 週間下落率を記録していた。CSI300指数は前日比2%高で終えた。

先週は推計6兆7000億元(約134兆円)の資金がIPO銘柄に向か い、流動性に影響を与えていた。申万宏源集団のディレクター、ジェリ ー・アルフォンソ氏(上海在勤)は、IPO応募に流れていた相当額の 投資資金が戻り、相場が反発するとの期待があったと述べた。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.6%高、 ハンセン指数は0.3%上げた。

原題:China Stocks Rebound for Second Day After Worst Week Since 2008(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE