日立建機社長:中国市場「異常」事態と警戒-需要は前年比ほぼ半減

日立建機の辻本雄一社長はブルームバーグと のインタビューで中国の建設機械の需要動向について「思ったよりも落 ち込みがひどい」との認識を示した。途中で建設工事が止まってしまう 事態も出ているといい「今は異常な感じにある」として、回復時期を注 視していると述べた。

インタビューは23日に実施した。日立建機によると中国全体の油圧 ショベル需要は、4月が前年同月比47%減、5月は同48%減とほぼ半 減。6月についても「思ったよりも盛り上がっていない」。安徽省合肥 市にある同社のショベル工場では休日を増やすなどして4月から稼働率 を約5割に落としている。生産停止に追い込まれた現地メーカーもある という。

辻本社長は「中国での建設工事の許認可が遅れており、計画が具体 化されない。一度始まっていた工事がいったん止まり計画自体を精査す ることもある」と指摘。成長鈍化に加えて、政府が進める反腐敗運動の 動きもこうした工事停滞に影響しているとみる。

日立建機の今期(2016年3月期)の連結業績(国際会計基準)は営 業利益が前期比15%減の540億円の見込み。中国市場での油圧ショベル 需要が前年比22%減に落ち込むことなどが響くとしていたが、4-6月 期の需要は会社想定を下回る。

ダンプトラックなど鉱山機械についても「インドなどでは一部回復 の兆しがあるが、全体としては大きく需要は減少している」と述べた。

辻本社長は「今後10年-20年のスパンで見ると回復していくが、数 年を見たときに需要は大きく回復しないとの前提で考えていかなければ ならない」と説明。需要のある地域で人的資源を重点的に投入するなど して販売シェア拡大に注力することや、需要変動の少ない部品・サービ ス事業の売上高を伸ばすことで対応していく考えを示した。

拠点拡大に投資

部品・サービス拠点の拡大に向けては「着実に投資をしていく」と の考え。14年3月期の同事業の売上高1707億円を19年3月期には3000億 円を目指す。

また、鉄道運行管理システムや電力使用の効率化といったエネルギ ーマネジメントなどのノウハウを持つ日立製作所など、日立グループ全 体で資源会社の鉱山経営効率化を支援する事業を拡大していく考えも示 した。鉱石の採掘からダンプトラックでの運搬、積み出し港までの鉄道 輸送といった一連の事業においての効率化を支援する。

辻本氏は、石炭や鉄鉱石など資源価格が大きく下落している状況下 では「全体のオペレーションコストをいかに下げるかが大きな課題にな っている」とし、資源会社の抱える課題解決に向けてグループ全体で対 応していく考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE