米上院本会議:TPA法案を可決-大統領署名で成立へ

更新日時

米上院は24日の本会議で、オバマ米大統領に 通商協定の一括交渉権を付与する大統領貿易促進権限(TPA)法案を 賛成60、反対38で可決した。同法案はオバマ大統領が2期目の優先課題 としている環太平洋連携協定(TPP)交渉妥結の前提条件とされる。

法案は既に下院を通過しており、オバマ大統領の署名を経て成立す る。同法案をめぐる6カ月にわたる論戦でオバマ大統領は野党共和党と 協力し、一部民主党議員の反対意見を抑えた。

共和党のマコネル上院院内総務はTPA法案可決後に声明で、「米 国製品を差別する外国の不公正な貿易障壁を打破し米労働者を支援する 姿勢を示すべきだという共和党の長年の信念を前進させることを、オバ マ大統領が支持したのをわれわれはうれしく思う」とコメントした。

オバマ政権は米国外交のアジア重視戦略で重要な要素であるTPP の年内交渉妥結を目指している。

TPA法案の可決を受け、上院は24日、貿易調整援助制度 (TAA)法案を発声投票で可決。下院は25日に採決を行う見込み。

原題:Senate Sends Fast-Track Free-Trade Bill to Obama for Signing (1)(抜粋)

--取材協力:Billy House.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE