NY金:4日続落、過去1カ月で最長-米景気を楽観

24日のニューヨーク金先物相場は4営業日続 落。過去4週間で最長の連続安となった。1-3月(第1四半期)の米 実質国内総生産(GDP)確定値は前期比年率でマイナスとなったが、 改定値から上方修正された。

商品ブローカー、インフィニティ・トレーディングのフェイン・シ ェーファー社長は電話インタビューで、個人消費や新築住宅販売を例に 挙げ、「米景気は回復しており、金を買わざるを得ない理由などない」 と話した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.3%安の1オンス=1172.90ドルで終了。4日続落は5 月27日以来で最長。

銀先物9月限は0.7%高の15.89ドル。プラチナ先物10月限は0.6% 上げて1074.50ドル。パラジウム先物9月限は0.1%未満下げて695.70ド ル。

原題:Gold Caps Longest Slump in a Month on U.S. Economic Optimism(抜粋)

--取材協力:Shobhana Chandra.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE