ヘッジファンドのブレバン、次世代運用者の自前育成に乗り出す

ヘッジファンド会社のブレバン・ハワード・ アセット・マネジメントは運用者を社内で育成するためトレーニングプ ログラムを開始した。投資銀行から経験者を採用する代わりに、次世代 運用者を自前で育てる作戦だ。

運用資産265億ドル(約3兆3000億円)のブレバンは、コンピュー ターに基づいて取引する戦略に関わる社員とトレーディングアシスタン トたちに研修を受けさせると、事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べ た。関係者の1人によれば、同社のプレバン・ハワード・マスター・フ ァンドから少額の資金を割り当て、研修生に運用させるという。

ヘッジファンドはこれまで、銀行のトップトレーダーを引き抜いて 人材を確保するのが主流だったが、トレーダーらが実戦を通して債券・ 通貨・商品・株価指数のトレーディングを学ぶ場だった自己勘定取引部 門の閉鎖を銀行が迫られる中で、人材の供給源を断たれた格好だ。

関係者によれば、シニアトレーダーのリチャード・オリバー氏がト レーニングプログラムの責任者に指名された。同氏は2013年にブレバン に加わる前はモルガン・スタンレーで短期金利トレーディングの責任者 だった。

原題:Brevan Howard Grooming Money Managers In-House as Banks Retreat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE