米国はスパイ行為を止めるべきだ、フランスが要求-報道受け

米国は同盟国に対してスパイ行為を働かない とする約束を守らなくてはならないと、フランス大統領府が指摘した。 これに先立ち、仏政府は緊急会合を開き、ギリシャ債務危機の食い止め に取り組んでいた仏指導者らを米国が盗聴していたとする内部告発サイ ト「ウィキリークス」の報道について協議した。

仏大統領府は国防相、内相、外相、法相との1時間に及ぶ会合後に 声明を発表し、スパイ行為は「容認できない」とし、米国は2013年に浮 上した一連の盗聴疑惑を受けて表明したコミットメントを「厳格に順 守」しなくてはならないと主張した。

米国のハートリー駐仏大使は仏外務省に呼び出された。

ウィキリークスは米国家安全保障局(NSA)がフランスのオラン ド大統領、サルコジ前大統領、シラク元大統領の通信を2006-12年に傍 受していたと報じた。この中にはギリシャのユーロ圏離脱の可能性に関 する仏政府の極秘会合など、ユーロ圏債務危機やフランスとメルケル独 首相との関係についての話し合いも含まれる。

原題:France Demands U.S. Stop Spying After Greece Talks Tapped (1)(抜粋)

--取材協力:Justin Sink.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE