アジア・太平洋株式サマリー:中国株が続伸、インド株は反落

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【中国・香港株式市況】

中国株式相場は続伸。上海総合指数は2日間の上昇率が3週間ぶり の大きさとなった。エネルギーと電力株がけん引した。先週の新規株式 公開(IPO)ラッシュを通過して、市場に資金が戻ってきた。

公益株が買われ、華電国際電力(600027 CH)と華能国際電力 (600011 CH)は共に値幅制限いっぱいの10%高。ペトロチャイナ(中 国石油、601857 CH)は2.9%高。同社社長が1-6月(上期)利益は予 想を上回ったもようだと述べたと中国メディアの財新が伝えた。

製油事業でアジア最大手の中国石油化工(386 HK)は香港市場 で0.7%上昇し、約1カ月ぶりの高値。同銘柄の投資判断をマッコーリ ー・グループが「アウトパフォーム」に引き上げた。

上海総合指数は前日比2.5%高の4690.15で終了。23日は2.2%高だ った。同指数は先週13%安と、2008年の世界的な金融危機以降で最大の 週間下落率を記録していた。CSI300指数は前日比2%高で終えた。

先週は推計6兆7000億元(約134兆円)の資金がIPO銘柄に向か い、流動性に影響を与えていた。申万宏源集団のディレクター、ジェリ ー・アルフォンソ氏(上海在勤)は、IPO応募に流れていた相当額の 投資資金が戻り、相場が反発するとの期待があったと述べた。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.6%高、 ハンセン指数は0.3%上げた。

【インド株式市況】

24日のインド株式相場は9営業日ぶりに反落。指標のS&P・ BSEセンセックスは取引終了間際の1時間で下げに転じた。デリバテ ィブ(金融派生商品)取引の期日を25日に控える中、ギリシャが救済融 資を受けるための同国案を債権団が受け入れていないことが材料視され た。

ヒンダルコ・インダストリーズとタタ・スチールの下げが目立っ た。インド最大の銀行、インド・ステイト銀行は7営業日ぶりの値下が りとなった。トラクターメーカーのマヒンドラ・アンド・マヒンドラは 前日付けた6カ月ぶり高値から反落した。

センセックスは前日比0.3%安の27729.67で終了。0.5%上げる場面 もあった。ギリシャ政府当局者によると、チプラス首相は政府関係者ら に救済融資を受けるための同国案を債権団は受け入れていないと述べ た。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比2.48ポイント高の5686.77。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.2%高の2085.53。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比0.1%高の9397.31。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE