NY外為:ユーロが反発、ギリシャ協議の行方は不透明

更新日時

24日のニューヨーク外国為替市場ではユーロ が反発。前日に対ドルで3カ月ぶりの大幅安となったため、値ごろ感か ら買いが戻った。欧州指導者がギリシャ債務問題の行き詰まりを打破し ようとしている。

ユーロは主要通貨の大半に対して上昇した。前日は全ての主要通貨 に対して下げていた。ギリシャ問題を協議するユーロ圏財務相会合は休 会となり、25日に再開する。救済継続のための条件で合意に達するかど うかは依然として不透明。ドイツのショイブレ財務相が24日、合意に向 けた進展は不十分だと発言し、ドイツ国債は逃避需要から上昇した。

クレディ・スイス・グループの外為ストラテジスト、マット・ダー 氏(ニューヨーク在勤)は「前日の売りの規模やギリシャをめぐる不透 明感が長引いていることを考慮すると、市場は対ドルでユーロを売る雰 囲気に100%戻る準備は整っていないようだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.3%高い1ユ ーロ=1.1205ドル。前日は1.5%安と、下落率は過去3カ月で最大だっ た。ユーロは対円でこの日、0.3%上げて1ユーロ=138円78銭。ドルは 対円でほぼ変わらずの1ドル=123円85銭。

ドイツ10年債は上昇し、利回りは0.03ポイント低下の0.84%となっ た。

ブルームバーグ相関加重指数によると、ユーロは年初から4.2%安 と、主要10通貨の中でニュージーランド・ドルに次ぐ悪いパフォーマン スとなっている。

「年末予想は等価」

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの主要10通貨戦略 部門の責任者、アタナシオス・バンバキディス氏はブルームバーグとの インタビューで、対ドルでのユーロについて「当社の年末予想は等価 だ」と発言。その予測は米連邦公開市場委員会(FOMC)が9月に利 上げを実施し、欧州中央銀行(ECB)が来年末までに量的緩和第2弾 に踏み切るとの見通しが基になっていると語った。

ギリシャの債権団は救済合意に向けたギリシャ提案の修正案を同国 政府に示した。ギリシャのチプラス首相は同国案が受け入れられなかっ たとして債権団への不信感をあらわにした。

チプラス首相は24日、ECBのドラギ総裁や国際通貨基金 (IMF)のラガルド専務理事、欧州連合 (EU)欧州委員会のユン ケル委員長と約5時間にわたり会談した。救済プログラム終了日と IMFへの約15億ユーロ(約2100億円)支払い期日はいずれも30日。

ゲイン・キャピタル・ホールディングス傘下フォレックス・ドッ ト・コムのアナリスト、マット・ウェラー氏はリポートで、ユーロの最 近の「経験にそぐわない」動きは資金調達通貨として使用されているこ とで説明できると指摘。「ギリシャと債権団の協議が合意に向けて進展 すれば、ユーロは売られる。一方、協議が難航すれば、この日や過去数 週間に繰り返されているように、信じがたいことだがユーロは上昇する ようだ」と記述している。

原題:Euro Gains After Deepest Drop in 3 Months as Greece Deal Elusive(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE