レクサス、「空飛ぶスケボー」を発表-SF映画の世界を表現

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」 がSF映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」の世界を広告戦略 に取り入れた。

レクサスは24日、空飛ぶスケートボードをウェブサイトで発表し た。発表文は「レクサスはこれまで4つのタイヤに乗って地面と接して いたが、今夏、空を飛び、サイエンスフィクションの世界を現実に引き 寄せた」という言葉で始まる。ウェブ上で公開したスケートボードは広 告の一環であり、新たなデザインと技術への挑戦を表現したとしてい る。

公開された動画では、スケートボードが煙を出しながら地面から数 センチ浮き、男性がボードに足を載せるところで終わっている。レクサ ス広報担当の山田哲也氏は「リニアモーターカーに使われるような既存 技術を使えば可能なもの」と電話取材に述べた上で、「あくまでプロモ ーションの一環であり、将来空飛ぶレクサスを生産するという意味では ない」とコメントした。

1989年公開の米映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」で、 主人公が未来にタイムスリップしてスケートボードで空中を飛んだの が2015年10月の設定。レクサスは今後、徐々に詳細情報を公開していく 予定だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE