米中、緊張の中での協力の重要性強調-戦略・経済対話が開幕

米中戦略・経済対話が23日、ワシントンで2 日間の日程で開幕し、両国は双方の相違を浮き彫りにすると同時に、協 力と対話の重要性を強調した。

中国の汪洋副首相は同日、米国務省で「対話が期待外れとなるかも しれず、成果に乏しく誰もが不満に感じる場合もある」としつつも、 「どのような時でも対立よりはるかに望ましい」と語った。

バイデン米副大統領は「われわれは中国の台頭を恐れておらず、そ れを期待している」と述べた上で、「台頭する中国はアジア地域と世 界、そして自己本位で言えば米国にも重要な資産となり得る」と指摘。 ただ、米国は太平洋地域の大国の1つであり、今後もそうあり続けると 付け加えた。

中国の楊潔篪国務委員は、両国がアジア太平洋地域で協力すべきだ とし、中国は力強い米経済を望んでおり、それは世界全体に利益となる と話した。

原題:China, U.S. Stress Cooperation Amid Tensions as Meetings Begin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE