米国株:上昇、投資家の関心は米利上げ時期とギリシャ動向に

更新日時

23日の米国株は上昇。S&P500種株価指数 は最高値に迫った。投資家は利上げのタイミングを見極めようと、経済 統計に注目している。ギリシャについては救済合意が視野に入ってきた との楽観が広がっている。

電話会社AT&Tは上昇。2人のアナリストが株式投資判断を引き 上げた。グリーン・ドットは40%の急伸。自社株買い計画を承認したほ か、ウォルマート・ストアーズと新たに5カ年契約を結んだことが買い 材料となった。一方、半導体株は下落した。

S&P500種は0.1%高の2124.20。終値ベースでの最高値に0.3%に 迫った。ダウ工業株30種平均は24.29ドル高の18144.07ドルだった。ナ スダック総合指数は0.1%上昇し、前日に続いて最高値を更新。

ウェルズ・キャピタル・マネジメントの投資担当チーフストラテジ スト、ジム・ポールセン氏は「多くの相反する要素がある」と述べ、 「ギリシャ情勢もまだ意識されている。S&P500種が最高値を更新で きるのか、そこからさらに上昇の勢いが強まるのか考えている投資家は 多い」と続けた。

利上げ見通し

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)理事は米労働市場の改善 と賃金上昇の兆候が見られるようになったことを 踏まえ、米国の景気 が十分に回復して9月に初回利上げを決定できる確 率はだいたい半々 だと述べた。

5月の米新築住宅販売は7年ぶりの高水準に増加した。また5月の 米製造業耐久財受注では航空機を除く非国防資本財(コア資本財)が増 加した。コア資本財がプラスとなるの は今年に入り2回目。耐久財受 注全体では5月は前月比1.8%減。変動の大きい航空機の落ち込みを反 映した。

ユーロ圏各国首脳は22日、ギリシャのチプラス政権に対し、債権者 の要求に応じて48時間以内に一段と歩み寄り、5カ月間続いた支援交渉 の行き詰まりを打開するよう最終決断を求めた。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 ( VIX)は5%低下して12.11。1カ月ぶりの低水準だった。

S&P500種産業別10指数は5指数が上昇。通信株や選択的消費 株、エネルギー株が上げた。一方、公益事業株や生活必需品株は売られ た。

小売株は上昇。アマゾン・ドット・コムは2.2%上昇し、ステープ ルズは1.8%値上がりした。金融株も高い。JPモルガン・チェースや キーコープが高い。

エネルギー株は一時の下げを埋めた。ニューヨーク原油市場でウェ スト・テ キサス・インターミディエート(WTI)先物がバレル当た り61ドルを上回った。バレロ・エナジーとテソロはいずれも高い。

原題:U.S. Stocks Gain as Investors Assess Rate Timing, Greece Talks(抜粋)

--取材協力:Alan Soughley、Sofia Horta e Costa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE