アジア・太平洋株式サマリー:中国株が反発、インド株は続伸

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【中国・香港株式市況】

(ブルームバーグ):休場明け23日の中国株式相場は反発。上海総 合指数は一時は大幅に下落していたが、引けにかけて値を戻し、結局は プラスで引けた。取引時間中の安値と高値との差は2007年6月以来の大 きさとなった。

上海総合指数は前営業日比2.2%高の4576.49。一時は4.8%下げ た。金融株などが上昇。中国平安保険(集団、601318 CH)と中国工商 銀行(ICBC、601398 CH)は共に4%を超える上昇となった。 CSI300指数は3.2%高で引けた。小型株で構成される創業板指数 も2.4%高と反発。一時は同4.8%下げた。

正徳人寿保険の運用担当者、呉侃氏(上海在勤)は「中国株が売ら れ過ぎた後に投資家が市場に戻っている」と指摘。「相場は既に短期的 に底打ちしたように見える。ただこの先は一層値動きが激しくなるだろ う」と述べた。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比1.7%高、 ハンセン指数は0.9%高となった。

【インド株式市況】

23日のインド株式相場は上昇。指標のS&P・BSEセンセックス は8営業日続伸となった。モンスーン期の降雨量が平年を上回ってイン フレ懸念が和らぎ、追加利下げ見通しが出ていることが背景。

世界最大の石炭会社コール・インディアは上昇率が構成銘柄の中で 最高。インド最大のエンジニアリング会社ラーセン・アンド・トゥブロ が2カ月ぶり高値を付けた。たばこ会社ITCは8日続伸し、国内最大 のトラクターメーカーであるマヒンドラ・アンド・マヒンドラは5カ月 ぶり高値に達した。

センセックスは前日比0.3%高の27804.37で終了。8日続伸は1月 以来。ギリシャが債務協議で債権者側と合意するとの楽観を手掛かり に、この日は世界的に株高となっている。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比1.3%高の5684.29。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比1.3%高の2081.20。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比0.5%高の9391.14。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE