コンテンツにスキップする

ギリシャ首相が根回し開始、与党議員反乱の恐れで-救済めぐり

ギリシャのチプラス首相は23日、デフォルト (債務不履行)回避のための債権団との合意を見据えた新提案に対する 与党内での支持確保に動き始めた。

ユーロ圏首脳らとの緊急会議の数時間後から首相は、共産系から社 会民主系まで混じった左派の寄せ集め政権での合意取りまとめに向け根 回しを開始した。

首相はギリシャ政府の最新財政計画の重点を歳出削減よりも大企業 や高所得者に対する増税に置くことで、自身が率いる与党の中の左派グ ループを納得させようとしている。このレフト・プラットフォームは共 産党出身者と労組に近いメンバーで構成され議会で約40議席を占めるた め、ここが反対すれば政府は採決で敗れかねない。

ドイツ銀行のストラテジスト、ジョージ・サラベロス氏はリポート で、債権団との「合意可能案の議会通過は引き続き、首相にとって一仕 事になるだろう。今後の政治的展開は与党議員の何人が政府に反対する か次第だ」と指摘した。

原題:Tsipras Seeks to Stave Off Defections in Greece Over EU Aid Plan(抜粋)

--取材協力:Vassilis Karamanis、Antonis Galanopoulos.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE