人民元の変動性、1年4カ月ぶり低水準近辺-米中対話控えて

中国人民元のボラティリティ(変動性)を示 す指標は23日、1年4カ月ぶりの低水準近辺で推移した。同日にはワシ ントンで米中戦略・経済対話が開幕する。英HSBCホールディングス とマークイット・エコノミクスが発表した6月の中国製造業購買担当者 指数(PMI)速報値では、製造業活動の減速が和らいだことが示唆さ れた。

ブルームバーグの集計データによると、人民元の1カ月物インプラ イドボラティリティ(IV、予想変動率)は香港時間午後5時12分(日 本時間同6時12分)現在、2ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の1.05%。16日には1年4カ月ぶり低水準の1.00%とな った。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、人民元は上海 市場で前営業日比0.04%高の1ドル=6.2068元で終了。22日は祝日のた め休場だった。

ブルームバーグの集計データで、香港オフショア市場の人民元は前 日比0.05%高。

原題:Yuan Volatility Near 16-Month Low as China-U.S. Talks Commence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE