米ダウ・ケミカルの除草剤に発がん性-WHO下部組織が指摘

世界保健機関(WHO)は広く使用されてい る米ダウ・ケミカルの除草剤を発がん性物質のリストに加えた。WHO は3カ月前には米モンサントのグリホサート除草剤に発がんリスクがあ るとの評価を下し、反発を招いていた。

フランスのリヨンに本部を置くWHOの下部機関、国際がん研究機 関(IARC)は23日の声明で、動物実験による限定的証拠と人間での 一部データに基づき、2,4-ジクロロフェノキシ酢酸(2,4-D) は「人間にがんを誘発する可能性がある」と指摘した。

ダウ・ケミカルは取材の申し込みに対し、2,4-Dのインダスト リータスクフォースに依頼するよう求めた。この団体によれば、農薬の リスク評価を行う別のWHO関連機関が1963年以来、5度にわたって調 査を行ったが、発がん性の証拠は見つかっていない。

モンサントは3月、「ラウンドアップ」の商品名で同社が販売して いるグリホサート除草剤ががんを引き起こすとしたIARCの指摘に対 して反発。こうした分類は「無責任」であり、「都合の良い部分だけを 取り出した」データによるものだと強く反論した。

原題:Dow Chemical Weedkiller May Cause Cancer, WHO Agency Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE