自動車販売鈍化で合弁・合併加速か-アリックスパートナーズ

世界的な自動車販売鈍化に加え、常時インタ ーネットに接続しセンサーを搭載したコネクテッドカーや自律走行車な ど先端技術の導入費用がかさむため、自動車メーカー各社は合併や合弁 設立へと駆り立てられそうだ。米コンサルティング会社のアリックスパ ートナーズがこうした見方を示した。

同社が23日に公表した調査によれば、世界の自動車販売は今後7年 間、年率2.6%で増加する見通し。2007-14年は年率3.1%だった。同調 査はまた、各社が技術革新への対応を迫られると指摘した。

アリックスパートナーズは販売の「伸び鈍化と並行する形で、大規 模で漸増する投資が必要になる可能性が高い」と指摘した。

同調査は米自動車販売について、来年ピークに達する可能性がある と分析。中国販売は05-14年の年率約17%の伸びから5.2%に鈍化する と予測した。

同社のマネジングディレクター、マーク・ウェークフィールド氏は 「中国を除けば、世界の自動車業界はほとんど伸びていない」とインタ ビューで語った。

同調査は自動車業界の将来の課題となる分野として、コネクテッド カーと自律走行車、カーシェアリング、電気自動車・部品の4つを挙げ た。

アリックスパートナーズは世界のコネクテッドカー市場の規模が18 年までに400億ドル(約4兆9000億円)に達すると予想。カーシェアリ ングの利用者数は06年から39%増えており、20年までにさらに32%増加 し2600万人になるとした。また電気自動車は25年までに年間販売台数 が650万台と、全体の6%を占めるようになると分析した。

原題:Slowing Global Growth May Push Auto Mergers, AlixPartners Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE