TCWだけでない現金積み増し-債券ファンドが市場崩壊に備え

米資産運用会社TCWグループは債券市場急 落の可能性を深刻に受け止めている。

TCW(本社ロサンゼルス)の米債保有額は約1400億ドル(約17 兆3000億円)。同社は債券急落の可能性を非常に深刻に捉え、クレジッ トファンドの現金比重を2008年の金融危機以降で最も高い水準まで引き 上げた。

TCWの米国クレジットトレーディング責任者ジェリー・カジル氏 は、「われわれはそれが実際に起きるまで転機に気付くことは決してな い。金融危機の前からそうあり続けたように今も守りの姿勢だ」と語っ た。

債券急落に備えているのはTCWだけではない。FTNファイナン シャルが米投資信託協会(ICI)のデータを引用したところでは、債 券ファンドの保有資産のうち現金同等物と見なされる証券の比重は全体 の約8%と、少なくとも1999年以降で最も高くなっている。

米連邦準備制度が2006年以来の利上げに動き、前例のない金融刺激 策が終わりに近づくことで、より高い利回りを求めてリスクの高い債券 に資金を投じてきた投資家に動揺が走るとカジル氏は予想している。

モルガン・スタンレーとドイツ銀行で高利回り債の取引に携わった 経験もあるカジル氏は、「長期にわたり市場をゆがめた揚げ句にゆがみ を取り去れば、予期せぬボラティリティにさらされることになる」と指 摘した。自ら運用するファンドが保有する現金の正確な額を特定するこ とは避けた。

原題:TCW Braces for Bond-Market Collapse by Piling the Cash Up High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE