個別銘柄:信越化やアルプス電高い、業績懸念の住友化急落

更新日時

23日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は以下の通り。

信越化学工業(4063):前日比3.8%高の7616円。JPモルガン証 券では投資判断を「中立」から「オーバーウエート」に引き上げ た。2016年3月期の連結営業利益予想を1921億円から2034億円、来期 を2095億円から2170億円に増額。純現金を考慮するとバリュエーション に割高感はなく、シリコンウエハー価格、株主還元に対する過度な期待 が剥落した株価には、割安感も生まれつつあると評価した。新たな目標 株価は8500円。

アルプス電気(6770):3.9%高の3735円。ゴールドマン・サック ス証券では投資判断「買い・コンビクション」を再強調した上で、目標 株価を3830円から4300円に引き上げた。スマホカメラ用アクチュエータ ーが16-17年度に急増する可能性が大きいことなどの確信が強まるにつ れ、株価は上昇を続けると予想。同証による16年3月期営業利益予想 を625億円から675億円(会社計画545億円)、来期を770億円から860億 円に増額した。

住友化学(4005):4.9%安の746円。野村証券では足元の業績は石 油化学などが好調である一方で、情報電子化学が不振であると分析。第 1四半期の営業利益は250億-270億円にとどまる可能性があるとした。 ブルームバーグによるアナリスト予想平均は336億円。一方、上期営業 利益について野村証は650億円程度の同証予想を大きく変える必要はな い印象ながら、全体としては短期的に株価がややネガティブな反応にな る可能性があるとした。

日本電産(6594):2.4%高の9346円。クレディ・スイス証券では 目標株価を9500円から1万400円に上げた。7-9月以降に収益モメン タムが大幅改善することで、16年3月期はHDD-SPMの下振れをハ イエンドスマホ向けハプティック用モータの急拡大でカバーすると予 想。同期営業利益予想を1459億円から1463億円(会社計画1300億円)に 増額した。投資判断は「アウトパフォーム」継続。

日本ガイシ(5333):2.5%高の3280円。九州電力(9508)の豊前 発電所構内に設置される電力貯蔵用NAS電池を三菱電機から受注した と発表。今回受注した蓄電池は新たに開発したコンテナ型NAS電池で 構成され、完成すれば世界最大級の蓄電池設備となる見通しとしてい る。

ハニーズ(2792):6.4%高の1042円。15年5月期営業利益は21 億6700万円になったもよう。従来予想15億円を上回り、前期比で は6.4%減益に減益幅が縮小する。客数が安定した推移で国内売上高が 増加したほか、販管費の削減も寄与した。

ファインデックス(3649):1.9%安の1586円。1-6月営業利益 予想を1億9100万円から8200万円に下方修正した。前期比では84%減へ 減益率が拡大する。仕入れや導入に係る外注加工費などが大きい案件が 数件あったことに加え、利益率の高い代理店案件がやや不調だったこと なども押し下げた。

不二製油(2607):3.1%高の2128円。みずほ証券では投資判断を 「中立」から「買い」へ引き上げた。16年3月期上期の営業利益は会社 計画に対して上振れする見通しで、18年3月期に8期ぶり営業最高益更 新まで業績拡大が続くと予想した。新たな目標株価は2650円。

鳥貴族(3193):15%高の7200円。7月10日付でジャスダックから 東証2部に市場変更することや7月末の株主を対象に1株を3株に株式 分割することを発表。投資家層の拡大や流動性の向上が期待された。市 場変更に際しては公募増資などで最大約14億円調達する。

オンワードホールディングス(8016):5.2%高の866円。ラオック ス(8202)と衣料品などの企画・生産・販売で合弁会社を設立すると発 表。「ジャパンクオリティ」の生活文化製品をアジア諸国など世界向け に提供することを目的とする。

ファーマフーズ(2929):80円(19%)高の511円とストップ高。 同社の創薬事業での「ニワトリ由来抗体医薬品開発における品質評価シ ステムの構築」が、経済産業省の「ものづくり・商業・サービス革新補 助金」事業に採択されたと23日に発表した。

日本ハム(2282):2.1%高の2847円。みずほ証券では目標株価 を3210円から3520円に引き上げた。4-6月期の営業利益は前年同期並 みを確保する見通しで、国内の食肉相場の高止まりや鶏肉販売の好調か ら16年3月期上期の営業利益は会社予想170億円を24%上回る210億円を 予想した。投資判断は「買い」を継続。

アンジェス MG(4563):8.1%高の293円。末梢性血管疾患を対 象としたHGF遺伝子治療薬について、 田辺三菱製薬(4508)と国内 の独占的販売権許諾契約を締結したと発表。これにより受領する契約一 時金は、15年12月期売上高予想に織り込み済みとしている。

東邦ガス(9533):1.3%高の766円。発行済み株式総数の0.86%に あたる自己株469万株を消却すると発表した。消却予定は30日。

アクモス (6888):5.5%安の205円。15年6月期最終損失予想を 1億円から3億3000万円へ下方修正した。消防通信指令システム開発で 工程・仕様変更による不採算案件が発生したことや固定資産の減損損 失2000万円を計上したことなどが響いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE