2020年東京五輪の追加種目、野球・ソフトなどに絞り込み-組織委

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会 は22日、開催都市提案による追加種目の候補を野球・ソフトボール、空 手などに絞り込み、8競技団体からヒアリングをすると発表した。検討 会議の御手洗冨士夫座長(経団連名誉会長)らが都内で行った記者会見 でリストを記者団に配布した。

リストにはこのほか、ボウリング、ローラースポーツ、スポーツク ライミング、スカッシュ、サーフィン、武術も残った。8月にこれらの 競技団体からヒアリングをする予定。

世界野球ソフトボール連合、世界空手連盟、国際相撲連盟、国際綱 引連盟など26の競技団体が申請していた。組織委は9月30日までに国際 オリンピック委員会(IOC)に追加種目を提案。IOCは16年8月に ブラジルのリオデジャネイロで開催する総会で正式決定する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE