6月22日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが対円で上昇、ギリシャ債務協議の合意を楽観

22日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが円に対して上昇。ギ リシャが債務協議に向け新提案を出したため、欧州の当局者は合意に達 するとの楽観的な見方を示唆した。

ユーロは主要通貨の大半に対して強含みとなった。ユーロ圏財務相 会合(ユーログループ)の議長を務めるデイセルブルム・オランダ財務 相は新提案について、前向きな一歩と見なされていると語った。欧州委 員会のユンケル委員長は今週中に交渉が妥結するとの見通しを示した。 ドイツ国債は逃避需要が弱まり下落。JPモルガン・チェースは世界市 場ではギリシャがパニックの原因になっていないと指摘した。

ドイツ銀行のG10為替戦略グローバル責任者、アラン・ラスキン氏 (ニューヨーク在勤)は欧州株やドイツ国債利回りの上昇を指摘した上 で、「市場は何らかの合意に至ると楽観している」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対円で前営業日比0.5% 上げて1ユーロ=139円91銭。対ドルでは0.1%安の1ユーロ=1.1341ド ル。ドルは対円で0.5%上昇して1ドル=123円37銭。

バークレイズが今月まとめた調査によると、ヘッジファンドや資産 運用会社などトレーダー899人のうち半数以上がギリシャがユーロ圏を 離脱した場合の影響は「少しネガティブな程度」で済むと予想してい る。地域経済の成長への寄与度が低いことと、影響波及を抑える緩衝措 置が設けられていることが理由だと言う。さらに28%は悪影響が周辺国 経済にとどまると予想している。

「過剰に心配することではない」

ギリシャが欧州通貨同盟(EMU)を離脱し得ることはもはや「想 定外」ではないものの、世界の市場が過剰に心配することでもないと、 JPモルガン・チェースは指摘した。

同行のチーフ市場ストラテジスト、ジャン・ロイズ氏はギリシャが 新たな提案を出す前の段階で、「ギリシャのEMU離脱のリスクシナリ オは同国にとっては劇的な出来事だが、世界の市場にとってはそうでは ないとアナリストは受け止めている」と投資家向けリポートで指摘し た。

ユーロ圏周辺国の債券がドイツ国債を上回るパフォーマンスになる との予想に基づくポジションを減らすよう、同行は投資家に提言しなが らも、ギリシャのユーロ圏離脱による株式相場への影響は欧州に限定さ れようとの見解を示した。

ユーロはギリシャをめぐる対立にも底堅さを示しており、ブルーム バーグ相関加重指数によると過去1カ月で3%上昇、主要10通貨の中で はスウェーデン・クローナに次ぐ上昇率となっている。

「トンネルの終わりには明かり」

CIBCワールド・マーケッツの外為戦略ディレクター、バイパ ン・ライ氏は欧州から出された一連の最新の発言を受け、最終的には合 意に至るとの楽観が強まっていると指摘。「不透明感が幾分か取り除か れるとして、市場はこうした発言をユーロにプラスと受け止めている。 これらの発言はすべて、トンネルの終わりに明かりが見えることを示唆 しているようだ」と語った。

ラッセル・インベストメンツのマルチアセット戦略上級運用担当 者、ブライアン・ミース氏は欧州株に買いを入れている一方、ユーロに 対しては中立だと述べた。

さらに「先制的にユーロをショートにする前に、もう少し強含む必 要がある」と続けた。

原題:Euro Rises as European Officials Signal Hopes for Greek Deal(抜粋)

◎米国株:上昇、企業買収関連ニュースで買い-ギリシャ協議も楽観

22日の米国株は上昇。S&P500種株価指数は一時最高値付近まで 上げた。ギリシャ債務問題の協議をめぐり楽観が広がる中でシグナなど の企業買収関連ニュースが買い材料となった。

医療保険シグナは4.7%高。同業のアンセムによる470億ドル相当の 買収提案を拒否した。北米でパイプラインを運営するウィリアムズ は26%急伸。同業の米エナジー・トランスファー・エクイティからの買 収提案を拒否した。バンク・オブ・アメリカ(BOA)とシティグルー プはいずれも上昇した。

S&P500種株価指数は前営業日比0.6%上昇の2122.85。ダウ工業 株30種平均は103.83ドル高の18119.78ドル。ナスダック総合指数 は0.7%上昇して最高値を更新した。

ボヤ・インベストメント・マネジメントのマルチ資産戦略部門責任 者、ポール・ゼムスキー氏(ニューヨーク在勤)は「このところのギリ シャの動向を見て、今週はかなり楽観的だ」と述べ、「中古住宅販売も 良好だった。住宅市場の健全さが示されている。先週は米金融当局から 明るいニュースが伝えられた」と続けた。

ギリシャ動向

欧州の政策当局者はギリシャとの合意は実現可能であると自信を深 めている。ギリシャのチプラス首相は債権者側に新提案を示した。

5月の米中古住宅販売は2009年11月以来の高水準となった。全米不 動産業者協会(NAR)が発表した5月の中古住宅販売件数 (季節調 整済み、年換算、以下同じ)は前月比5.1%増加の535万戸。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は526万戸。

今週は耐久財受注や第1四半期実質国内総生産(GDP)確定値、 個人所得・支出、消費者マインド指数などが発表される。

ロバート・W・ベアードのエグゼクティブ・バイスチェアマン、パ トリック・スペンサー氏は「経済の3分の2は消費者が担っている。住 宅市場は引き続きかなり良好で市場を支えるだろう」と続けた。

ボラティリティーが低下

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は8.7%低下して12.74。1カ月ぶりの低水準だった。先週の VIXは1.3%上昇した。

S&P500種産業別10指数は9指数が上昇。エネルギーやヘルスケ ア関連、金融株が上昇した。

業種別24指数で銀行株価指数が1.4%高で首位。フィフス・サー ド・バンコープは2.8%高。支店の統廃合計画などを発表したことが好 感された。

原題:U.S. Equities Advance Amid Merger News, Optimism on Greece Talks(抜粋)

◎米国債:下落、欧州当局者はギリシャ協議が合意に向けて進展と認識

22日の米国債相場は6週間ぶりの大幅下落。欧州当局者らは、ギリ シャ救済をめぐり同国と債権者の間で合意に向けた土台が築かれ、協議 の行き詰まりが解消するとの認識を示した。

ドイツ国債などの安全資産が売られる中、米国債も期間が長めのも のを中心に下落した。欧州委員会のユンケル委員長は22日、ギリシャの チプラス首相との会談後、週末までに合意に至るとの考えを示した。

ジェフリーズ・グループのトーマス・サイモンズ氏は「何らかの合 意に近づきつつある」とし、「利回り上昇をもたらすような兆候が続い ている」と加えた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前週末比11ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)上昇し2.37%。上昇幅は5月11日以来で最大。同年債 (表面利率2.125%、2025年5月償還)価格は1ポイント下げて97 26/32。

5月の米中古住宅販売統計が発表され、2009年11月以来の高水準と なったことが示されると、米国債は下げを拡大した。今週は2年債、5 年債、7年債の入札が控えており、これも相場には重しとなった。

ギリシャ情勢

ユンケル欧州委員長はチプラス首相とのブリュッセルでの会談後、 記者団に対し「ギリシャと週内に合意に達するというのが私の見解だ」 と語った。

ドイツ政府の考えを知る関係者1人によれば、メルケル首相はユー ロ圏の現状維持を望む考えを示してはいるものの、チプラス首相はメル ケル首相の譲歩の用意を恐らく期待し過ぎているという。

大和証券キャピタル・マーケッツ・アメリカの債券部門責任者、レ イ・レミー氏(ニューヨーク在勤)は「ギリシャ情勢は落ち着くだろ う」とし、「きょう、デフォルトすることはない」と続けた。

安全資産としての逃避需要から米10年債利回りは19日に2.26%にま で低下した。11日には2.50%と8カ月ぶり高水準を付けていた。

ブルームバーグ米国債指数は19日終了週までの2週間で0.7%上 昇。同指数が2週連続で上昇するのは3カ月ぶり。

先週はギリシャ問題での合意に懐疑的な見方が広がり米国債利回り は低下したが、市場は協議の継続を前向きな兆候と捉えている。

CRTキャピタル・グループの政府債ストラテジスト、イアン・リ ンジェン氏は「ギリシャ協議のプロセスは完全に行き詰まってはおら ず、当局者の発言からは慎重ながらも楽観的な姿勢が感じられる」と し、「そうしたセンチメントを背景に、欧州の多くの国債や米国債が下 落し始めた」と続けた。

原題:Treasuries Plunge by Most Since May as Progress Seen on Greece(抜粋)

◎NY金:続落、4週ぶり大幅安-ギリシャ合意観測で逃避需要が減退

22日のニューヨーク金先物相場は続落。4週間ぶりの大幅安となっ た。ギリシャと債権者側の交渉が数カ月にわたるこう着の末に合意に至 れば、逃避先としての金の需要が損なわれるとの見方が広がった。

BMOキャピタル・マーケッツの商品トレーディング担当ディレク ター、タイ・ウォン氏は電話インタビューで、「かなりの楽観が広がっ ており、欧州株式相場にそれは表れている」と指摘。「安全逃避先とし ての金の価値低下につながる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前週末比1.5%安の1オンス=1184.10ドルで終了。終値では5 月19日以来の大幅下落となった。

銀先物7月限は0.2%高の16.142ドル。パラジウム先物9月限 は1.7%下げて695.45ドル。プラチナ先物7月限は2.4%下落の1060.60 ドル。

原題:Gold Drops Most in Four Weeks as Greek Talks Curb Haven Demand(抜粋)

◎NY原油:小反発、8週連続の米在庫減少を予想

22日のニューヨーク原油市場でウェスト・テキサス・インターミデ ィエート(WTI)先物は小反発。先週の米在庫が減少したとの見方か ら買いが戻った。ブルームバーグがまとめた調査では先週の米原油在庫 は150万バレルの減少、過去7年間で最長の8週連続マイナスと予想さ れている。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「市場 の関心はすでに在庫統計に向けられている」と指摘。「景気見通しは良 好で、ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥ったとしても大きな動 揺は生じないだろう。今の市場はマクロ主導だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前週 末比7セント(0.12%)高い1バレル=59.68ドルで終了。7月限はこ の日が最終取引。中心限月の8月限は41セント上げて60.38ドルで引け た。

原題:Crude Oil Gains on Speculation Inventories Fell for Eighth Week(抜粋)

◎欧州株:3日続伸、ギリシャ新提案で協議進展への期待高まる

22日の欧州株式相場は3営業日続伸。フランスやドイツ、スペイン の株価指数は2012年以来の大幅高となった。ギリシャのチプラス首相 が21日に同国のデフォルト(債務不履行)回避に向け新たな改革案を提 示したことが手掛かり。同国の銀行株は13年5月以来の大幅な値上が り。

指標のストックス欧州600指数は前週末比2.3%高の394.25で終了。 業種別指数は全てプラスとなった。ギリシャのアテネ総合指数は9%急 伸。アルファ銀行やギリシャ・ナショナル銀行、ピレウス銀行の上げが 目立った。

ギリシャが一連の提案を土壇場で出してきたことを受け、欧州当局 者からは合意に近づいたとの認識も示された。この日遅くにはユーロ圏 首脳会議が開かれる。

EFGアセット・マネジメント(ロンドン)の調査責任者を務める ダニエル・マリー氏は「ギリシャが瀬戸際から戻ってきて、溝を埋めつ つあるようだ」と指摘。「今回の危機の最終段階にたどり着きつつある ようだ。これが解決すれば、利益の伸びや企業景況感の高まり、買収・ 合併の活発化など欧州で起きている全てのプラス面に集中することがで きるようになる」と語った。

業種別では自動車関連銘柄のほか、通信銘柄の上げが目立った。フ ランスのブイグは13%の大幅高。同社の携帯電話部門に対し、資産家パ トリック・ドライ氏率いるアルティスが買収案を提示したことが買い材 料。アルティスも13%上昇した。

原題:French, German Stocks Jump Most Since 2012; Greek Lenders Surge(抜粋)

◎欧州債:イタリア国債が大幅上昇、ギリシャ協議を楽観-独債は下落

22日の欧州債市場ではイタリア国債が約6週間ぶり大幅高となっ た。ギリシャがデフォルト(債務不履行)回避に向けてユーロ圏の指導 者らと合意に至るとの楽観が広がっている。

一方、ドイツ10年債は下落。このため、10年物のイタリア債と独債 の利回り格差(スプレッド)は2013年以降で最も縮小した。ユーロ圏財 務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オランダ財務相) はこの日、週内にギリシャ救済で合意する可能性があると指摘した。ユ ーロ圏は首脳会議をこの日の夜に控えている。

BNPパリバ(パリ)のシニア債券ストラテジスト、パトリック・ ジャック氏は「市場がポジティブな結果に賭けているのは明らかだ。交 渉においてはっきりとした改善が週末に見られた」と指摘。その上で、 「これは合意に至ることを意味しない。ギリシャと債権者側が正式に合 意するまでは、不安定な状況が続くだろう」と続けた。

ロンドン時間午後4時30分現在、イタリア10年債利回りは前週末 比12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.16%と、5月 7日以来の大きな下げとなった。同国債(表面利率1.5%、2025年6月 償還)価格は1.005上げ94.20。

欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは13bp上昇の0.88%。 イタリア10年債とのスプレッドは13年1月以来の大幅圧縮となる25bp 縮小の128bp。先週は一時169bpに膨らんでいた。

ギリシャのチプラス首相は21日に新提案を提示。欧州委員会のセル マイヤ報道官はこれについて「前進への良い土台だ」と述べていた。

原題:Italian Bonds Surge on Greek Optimism as Traders Hit Turbulence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE