ギリシャの基礎的財政黒字目標は債権者の要求に沿う-欧州委

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州 委員会のドムブロフスキス副委員長(ユーロ・社会対話担当)は、ギリ シャ支援協議での同国からの最新提案に盛り込まれた基礎的財政収支 (プライマリーバランス)黒字目標について、債権者の要求に沿ったも のだと語った。ただ、他の部分では意見の隔たりがなお埋まっていない と指摘した。

ドムブロフスキス副委員長はブリュッセルで行われたブルームバー グとのインタビューで、「今後4年間のプライマリーバランス黒字目標 は国内総生産(GDP)比で1%、2%、3%、3.5%となっており、 債権者機関の提案に沿った数字だ」と発言した。

同副委員長は、ギリシャが今後の経済改革の進め方について21日夜 に具体的な提案を出したことは、債権者に支援の実行を承諾させ、デフ ォルト(債務不履行)を回避するために必要な「前向き」な動きと評価 する一方、やるべき仕事はまだ残っていると述べた。

原題:Greek Primary-Surplus Proposal in Line With Demands, EU Says(抜粋)

--取材協力:Richard Bravo、Rebecca Christie、Mark Deen、Zoe Schneeweiss、Jonathan Stearns、Alessandro Speciale、Arne Delfs、Corina Ruhe、Karl Stagno Navarra.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE