米国株:上昇、買収関連ニュースで買い-ギリシャ協議も楽観

更新日時

22日の米国株は上昇。S&P500種株価指数 は一時最高値付近まで上げた。ギリシャ債務問題の協議をめぐり楽観が 広がる中でシグナなどの企業買収関連ニュースが買い材料となった。

医療保険シグナは4.7%高。同業のアンセムによる470億ドル相当の 買収提案を拒否した。北米でパイプラインを運営するウィリアムズ は26%急伸。同業の米エナジー・トランスファー・エクイティからの買 収提案を拒否した。バンク・オブ・アメリカ(BOA)とシティグルー プはいずれも上昇した。

S&P500種株価指数は前営業日比0.6%上昇の2122.85。ダウ工業 株30種平均は103.83ドル高の18119.78ドル。ナスダック総合指数 は0.7%上昇して最高値を更新した。

ボヤ・インベストメント・マネジメントのマルチ資産戦略部門責任 者、ポール・ゼムスキー氏(ニューヨーク在勤)は「このところのギリ シャの動向を見て、今週はかなり楽観的だ」と述べ、「中古住宅販売も 良好だった。住宅市場の健全さが示されている。先週は米金融当局から 明るいニュースが伝えられた」と続けた。

ギリシャ動向

欧州の政策当局者はギリシャとの合意は実現可能であると自信を深 めている。ギリシャのチプラス首相は債権者側に新提案を示した。

5月の米中古住宅販売は2009年11月以来の高水準となった。全米不 動産業者協会(NAR)が発表した5月の中古住宅販売件数 (季節調 整済み、年換算、以下同じ)は前月比5.1%増加の535万戸。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は526万戸。

今週は耐久財受注や第1四半期実質国内総生産(GDP)確定値、 個人所得・支出、消費者マインド指数などが発表される。

ロバート・W・ベアードのエグゼクティブ・バイスチェアマン、パ トリック・スペンサー氏は「経済の3分の2は消費者が担っている。住 宅市場は引き続きかなり良好で市場を支えるだろう」と続けた。

ボラティリティーが低下

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は8.7%低下して12.74。1カ月ぶりの低水準だった。先週の VIXは1.3%上昇した。

S&P500種産業別10指数は9指数が上昇。エネルギーやヘルスケ ア関連、金融株が上昇した。

業種別24指数で銀行株価指数が1.4%高で首位。フィフス・サー ド・バンコープは2.8%高。支店の統廃合計画などを発表したことが好 感された。

原題:U.S. Equities Advance Amid Merger News, Optimism on Greece Talks(抜粋)

--取材協力:Roxana Zega.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE