ギリシャ新提案を欧州が歓迎-22日合意は不明と欧州委員長

更新日時

ギリシャのチプラス首相が債権者側に示した 新提案に、欧州の当局者らは22日の会合を控えて慎重ながらも歓迎の意 を表明した。

ギリシャの資金が底を突き、デフォルト(債務不履行)回避につな がる合意のために残された時間もわずかとなる中で、欧州中央銀行 (ECB)は同日、記録的なペースの預金流出に見舞われているギリシ ャの銀行への流動性支援の増額を認めた。事情に詳しい関係者が明らか にした。

欧州の指導者らとの会談を前にギリシャのチプラス首相はブリュッ セルで、ギリシャを成長に回帰させる実行可能な解決策を今こそ見つけ る時だと発言。共同記者会見した欧州委員会のユンケル委員長は「この 数日に進展があったが、まだ合意できるところには来ていない」とし、 「22日に合意に達するかどうか分からない」と述べた。

国際通貨基金(IMF)当局者は債権者機関はギリシャの新提案を 検証中であり、行き詰まり打開につながる十分な信頼性があるかどうか を言明するのは時期尚早だと述べた。匿名を条件に発言した。

これに先立ちモスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)はヨーロッパ 1ラジオの番組で、新提案について「正しい方向に向かっている」と評 価していた。

ブリュッセルでの首脳会議の前にチプラス首相はまずユンケル委員 長と会談、その後にラガルドIMF専務理事、クーレECB理事、ユー ロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長が協議に加わ ると、ギリシャ首相府が電子メールで発表した。ドラギECB総裁もそ の後に加わるという。チプラス首相は首脳会議前に欧州連合(EU)の トゥスク大統領とも会う予定。

原題:Greek Proposal Given Guarded Welcome as EU Leaders Gather (抜粋)

--取材協力:Nikos Chrysoloras、Ian Wishart、Helene Fouquet、Marcus Bensasson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE