コンテンツにスキップする

鉄鉱石価格の上昇は終了しつつある、供給増で-ゴールドマン

鉄鉱石を強気相場入りさせた価格回復が終了 しつつあるとの見方を、米ゴールドマン・サックス・グループが示し た。オーストラリアとブラジルからの供給が拡大し、鉄鋼価格下落によ り鉄鋼会社の利益は縮小している。

ゴールドマンは21日付リポートで、鉄鉱石の中国向け運搬コストが 6月初め以降、約10-20%上昇したと指摘。鉄鉱石価格の上昇と鉄鋼価 格の下落により一部の鉄鋼会社は生産を減らし、鉄鉱石需要は抑制され るとの見通しを示した。

鉄鉱石価格は今年、目まぐるしく変動している。低コスト生産の急 増と中国の需要が低迷する可能性があるとの見方を背景に、4月初めに は10年ぶりの安値まで下落。その後、世界最大の消費国である中国で輸 入が予想を下回り在庫が落ち込んだことなどから、価格は4月と5月、 6月前半の2週間に上昇した。ゴールドマンなど複数の銀行が上昇は続 かないと予測しており、シティグループは10-12月(第4四半期)に1 トン当たり40ドルを割り込むとの見方を示している。

原題:Goldman Sees Iron Rally Ending on Supply, Tumbling Steel Profits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE