中国株の信用買い残、1カ月ぶり減少-株価指数下落の中で

中国株の投資家が上海市場で1カ月ぶりにレ バレッジをきかせたポジションを縮小した。上海総合指数はここへきて 大幅下落している。

上海証券取引所の信用買い残は19日に1兆4790億元(約29兆円) と、18日に記録した過去最高の1兆4830億元から減少した。減少は5 月22日以来。上海総合指数は19日に前日比6.4%下げ、週間では2008年 の世界的な金融危機以来の大幅下落となった。

上海総合指数はこの1年で121%上昇し、その最大のけん引役の一 つは信用取引だった。

IGアジアのストラテジスト、バーナード・アー氏(シンガポール 在勤)は「信用取引縮小の一部が相場下落につながった可能性はある。 個人投資家の群集心理も下げの大きな原因かもしれない」と述べた。

原題:China Margin Debt Shrinks First Time in a Month Amid Stock Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE