米国株ストラテジストは強気姿勢堅持-米利上げ観測に動じず

ギリシャ問題に伴う欧州分裂の危機や米利上 げ観測、中国株の調整局面入りでも、米国株ストラテジストは珍しく不 屈の姿勢を示している。

ブルームバーグの集計データによると、ストラテジスト予想では S&P500種株価指数は年内に5.8%上昇する見通し。これは2011年以降 で最も楽観的な予想だ。

米国株が1950年以来2番目に長い上昇局面となる中、ストラテジス トらは経済が非常に好調なため株高がここで終了することはないとし て、強気姿勢を堅持。株式相場のバリュエーションは歴史的平均を超え ているものの、株式は動揺する債券市場の唯一の代替手段になるとして いる。

S&P500種は年末時点で前週末比9.5%高の水準と予想するオッペ ンハイマーのチーフ市場ストラテジスト、ジョン・ストルツファス氏は 「株式へのシフトが進むだろう」と述べ、「個人投資家がまだ瀬踏み状 態のため、株式相場は依然上昇余地があると考える」と語った。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の集計データによると、6月17 日終了週に世界の株式ファンドには約108億ドル(約1兆3200億円)が 流入した一方、債券からは103億ドルが引き出された。ブルームバーグ の米投資信託協会(ICI)の集計データによると、1-4月には450 億ドル余りが米国株で運用するファンドから引き出されていた。

動じぬストラテジスト

そうした資金流出にもかかわらず、ストラテジスト予想平均は1月 の水準から1ポイントしか低下していないことが21社を対象としたブル ームバーグ調査に示されている。

原油相場が急落し利益は伸び悩み、債券・為替市場は13年以来最大 の変動を記録したものの、ストラテジストは動じていない。ギリシャと 債権者との協議の行き詰まりや、中国株の週間ベースで7年ぶりの大幅 安も影響してはいない。

ストラテジストの中で最も楽観的な予想を示しているのはスタイフ ェル・ニコラウスのバリー・バニスター氏とウィーデンのマイケル・パ ーブス氏で、両氏はいずれもS&P500種が11%上昇し2350を付けると 見る。バニスター氏は、米利上げが実施されれば不確実性が消え、世界 経済の持続的回復で株式投資家は勇気付けられることになると指摘し た。

原題:Bull Case Never Clearer to S&P 500 Strategists Unbowed by Fed(抜粋)

--取材協力:Joseph Ciolli.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE