マッコーリーアセットの水田茂夫社長が退社へ-関係者

オーストラリアの投資銀行マッコーリー・グ ループの日本の資産運用会社の水田茂夫社長が、近く退社することが複 数の関係者への取材で分かった。

関係者によれば、マッコーリーアセットマネジメントの水田社長 (63)は退任後、金融ビジネスからは引退するという。後任については 現時点では分かっていない。

マッコーリー・グループは豪シドニーに本拠を構え、銀行、証券、 投資銀行、資産運用業務をグローバルに提供している。マッコーリーア セットは2013年10月に設立、14年に営業を開始した。株式や債券、通貨 のほか、ヘッジファンド、プライベートエクイティや不動産ファンドな どオルタナティブ運用に強みを持つ。

マッコリーの香港在住のエリザベス・コックス広報担当は水田氏の 退任などについてコメントを控えた。

水田氏は東京大学教養学部卒業後、旧新日本製鉄、米ソロモン・ブ ラザーズやモルガン・スタンレーなどを経て野村ブラックロック・アセ ット・マネジメントで勤務。06年から11年までマネックス・オルタナテ ィブ・インベストメンツで代表取締役を務めた。スタンフォード大学工 学部修士課程修了。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE