ギリシャが新提案、最終的解決目指す-ユーロ圏首脳会議控え

更新日時

ギリシャのチプラス首相は21日、同国のデフ ォルト(債務不履行)回避に向け新たな改革案を提示した。22日にブリ ュッセルで開かれる緊急のユーロ圏首脳会議はギリシャのユーロ圏での 将来を決する可能性がある。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のセルマイヤ報道官 はツイッターで、ギリシャの新提案が「あすのユーロ圏首脳会議で前進 するための良いたたき台」となると述べた。

チプラス首相はユーロ圏首脳会議に先立ち、ギリシャの主要債権者 の代表と協議する。まずトゥスクEU大統領と協議し、その後ドラギ欧 州中央銀行(ECB)総裁、ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理 事、欧州委員会のユンケル委員長、ユーロ圏財務相会合(ユーログルー プ)のデイセルブルム議長が会議に参加する予定。首相府が電子メール で明らかにした。

IMFへの返済期限である30日が迫る中、チプラス首相はデフォル ト(債務不履行)回避のため選挙公約で妥協する用意があると債権者に 確信させる必要がある。財政状況が悪化し、銀行預金が過去最速ペース で流出する中、ギリシャが新たな救済資金なしにどの程度の期間持ちこ たえられるか不透明な状況だ。

ギリシャ首相府の声明によると、チプラス首相は21日、メルケル独 首相、オランド仏大統領、ユンケル委員長に新提案を説明した。

ギリシャ政府によれば、同国の提案は「双方が利益を得る合意を目 指すもので、問題を先送りせず最終的解決をもたらす」見込み。同提案 の詳細は公表されておらず、ギリシャ政府報道官に電話とメールでコメ ントを求めたが返答はなかった。

早期退職廃止

ギリシャ政府当局者が21日に明らかにしたところによれば、新提案 には年間純利益が50万ユーロ(約7000万円)を上回る企業への課税のほ か、来年からの早期退職の選択肢廃止や累進課税の強化が盛り込まれ た。同案がまだ最終的にまとまっていないことなどを理由に当局者が匿 名で語った。

ブリュッセルでのユーロ圏首脳会議は22日午後7時(日本時間23日 午前2時)開始予定。これに先立ち、午後0時半からユーロ圏財務相に よる事前会合が開かれる。ECBも同日、預金流出が加速度的に進むギ リシャの銀行向け緊急支援を電話で協議する。

昨年12月以降のギリシャの預金流出額は300億ユーロを超えた。債 権者との合意に至らなければ、資本規制を迫られる恐れがあるほか、ル ー米財務長官が指摘したような「極度の」景気下降に直面し得る。

原題:Tsipras Offers New Plan Before EU Starts Crunch Talks on Greece(抜粋)

--取材協力:Theophilos Argitis、Karl Stagno Navarra、Antonis Galanopoulos、Claudia Rach.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE