ブラジル株(19日):反落-ペトロブラス汚職調査が拡大

19日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指 数は反落。ブラジル石油公社(ペトロブラス)の汚職調査が進む中で、 複数の大手建設会社の幹部らが逮捕された。

同国の判事は建設会社オーデブレヒトなどの最高幹部ら12人の逮捕 状を出した。ペトロブラスをめぐる贈収賄やマネーロンダリング(資金 洗浄)などの疑惑調査の一環だ。

CMキャピタル・マーケッツの株式調査責任者マルコ・アウレリ オ・バルボサ氏は電話取材に対し、「一段の景気減速が経済指標で示さ れる中、こうした大企業の経営幹部逮捕によって市場全体の悲観的なム ードが強まった」と指摘した。

ボベスパ指数は前日比0.9%安の53749.41で終了。週間の上昇率 は0.8%に縮小した。オーデブレヒト傘下の石油化学メーカー、ブラス ケムは10%安。ペトロブラスは反落した。

原題:Growing Petrobras Probe Saps Ibovespa as Builders’ CEOs Arrested(抜粋)

--取材協力:Ney Hayashi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE