バークレイズの米ディストレスト債取引責任者、退社-関係者

英銀バークレイズで米ディストレスト債トレ ーディング責任者を務めてきたピーター・ベノア氏が退社した。事情に 詳しい関係者2人が明らかにした。

情報が非公開であることを理由に関係者の1人が匿名で語ったとこ ろによると、ベノア氏(42)は14日の週に退社した。同行の広報担当者 マーク・レーン氏はコメントを控えている。

金融機関監督局(FIRA)の記録によれば、ベノア氏はドイツ銀 行やシティグループを経て、2010年にバークレイズに入社した。

原題:Barclays Head U.S. Distressed-Debt Trader Benoist Said to Depart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE