米大手銀行が各6150万円支払いへ-地方債めぐりSECが処分

米証券取引委員会(SEC)は18日、米大手 銀行を含めた地方債の引受金融機関36社が投資家への適切な財務ディス クロージャー(情報開示)を怠ったと発表した。

SECの声明によれば、バンク・オブ・アメリカ(BOA)のメリ ルリンチ部門とシティグループ、ゴールドマン・サックス・グループ、 JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレーはSECと合意に達 し、各社50万ドル(約6150万円)ずつ支払う。

SECは、地方債発行書類に借り手のコンプライアンス(法令順 守)に関する誤った情報が含まれていたり、重要な報告漏れがあったと 説明した。SECは2010年に地方債市場の監督を強化。企業に対する場 合と異なり、SECは州や市の当局に対し最新の財務諸表などの提出を 直接命じる権限はない。

BOAとゴールドマン、JPモルガン、モルガン・スタンレーの広 報担当者はコメントを控えた。シティ広報担当のスコット・ヘルフマン 氏は問題の解決を同行は歓迎するとコメントした。

原題:SEC Fines Wall Street’s Top Banks Over Fraudulent Muni Deals (2)(抜粋)

--取材協力:Jennifer Surane.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE