中国株:上海総合下落、調整局面入り-最長の強気相場に試練

更新日時

19日の中国株式相場は下落。上海総合指数が 年初来高値から13%を超える下げとなり、調整局面に入った。中国最長 の強気相場でバリュエーション(株価評価)が持続不能な水準に押し上 げられたとの懸念が広がった。

上海総合指数は前日比6.4%安の4478.36で引け、終値ベースで約4 週間ぶりの安値を記録した。調整局面入りは昨年1月以来。中国アルミ ニウム(チャルコ、601600 CH)と中国国際航空(601111 CH)が共に 8%を超える値下がりとなり、素材と工業株が下げの中心。CSI300 指数は6%下げた。

中国株は19日で強気相場928日目。中国の証券取引所が1990年に取 引を開始してから最長で、これまでの強気相場の平均期間の5倍超に達 している。

交銀国際の中国調査責任者、洪灝氏(香港在勤)は「調整幅が予想 より大きくなっても特段の驚きはない」と述べた。

香港市場では、中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指 数が前日比0.6%安で引けた。一方、ハンセン指数は0.3%高。

原題:China Stocks Sink 13% From Peak in Test for Longest Bull Market(抜粋)China Equity Movers: CNNP, Hundsun, Defense, Auto, Duolun, Dairy(抜粋)Hong Kong Stocks Rise, Pare Weekly Loss; Ruifeng Renewable Soars(抜粋)

--取材協力:Amanda Wang、Kyoungwha Kim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE